ニンテンドー3DSの修理が多い週末でもありました

充電口かLRボタンケーブルの交換のどちらか

未だに人気が冷めないゲーム機のニンテンドー3DSですが、この週末は比較的修理のご依頼が多かったです。最近のほとんどがLかRボタンが効かない症状から、充電が行えなくなった症状での修理がほとんどです。

お子様が使う機器ですので「ゲーム機器」だけはかなりお安く修理していますが具体的な修理価格は非公開をさせて頂いております

今回、写真に収めたのはnewニンテンドー3DSの限定バージョンですが、当然のことながら中身は同じなのですが不具合が少しだけ特殊な状況で、充電コネクタを交換しても充電が行えないという不思議な症状でした。
3DS ピカチュウ

内部を開梱して充電口のコネクタを交換してみたのですが一切通電しません。もちろん修理に失敗した訳ではなく、根本的なところで通電が行えて居ない状況なのです。

3DS ピカチュウ基盤

因みにもう少し画像を拡大すると充電口はこの場所です。ハンダ処理や取り付けの方法に関しては問題はありませんので正規の充電方法ではないUSBコネクタからの充電で基盤の一部がショートしてしまったのではないかと考えられます。

3DS ピカチュウ電源コネクタ

明日以降はリード線でバイパスさせて通電させてみようかと思いますが、うまくいくかはわかりませんので現在手持ちの機器で練習中です。

3DS ピカチュウ