iPhone7のカメラレンズガラスの交換方法

iPhone7 カメラレンズガラス割れ

iPhone7のカメラのレンズ割によるガラス交換

巷では高額とされているiPhone7のカメラレンズガラスの交換作業ですが、ネットの情報を鵜呑みにしていると交換修理方法が適切ではなく、今回はそれほど困難では無いという事と、簡単な説明を交えながら交換の手順をお伝えしたいと思います。

割れたガラスを取る前に

まず最初に割れたガラスを除去を行いたい所ですが、内部のバックカメラすら破損している場合はネットでも購入する事が可能です、おおよそのお値段は7,000円以内が妥当かと思います。



バックカメラの用意またはバックカメラが無傷であれば開梱を行います。開梱方法は省略しますが液晶フレキシブルケーブル側のプレートはY型ドライバーで、カメラ側のプレートはプラスドライバーがあれば取り外し可能です。

iPhone7 開梱

プレートを外しましたらカメラのケーブルとセンサーアセンブリコネクターを外して下さい(簡単に言えば2つのコネクタを外して下さいという事です)。因みにバックカメラには2つのネジのプレートがありますので丁寧に取り外して下さい。

iPhone7 開梱

次に背面を上にして割れたガラスを取り除いて下さい。無水エタノールなを綿棒などに染み込ませて割れたレンズの周辺を軽く抑えるようにすると剥がれやすいです。すると以下のような状態になります。

iPhone7 ガラス修復1

両面テープをキレイに貼ります。ここで他のネットの情報と手順が違う所は、軽度であればレンズフレームの交換は必要無いという事です。単純にガラスだけが割れた場合についてはこの簡易作業で交換が出来るということになりますね。

iPhone7 ガラス修復2

そして最後にガラスをはめ込んで完了です(因みにガラスの表裏はありませんのでご安心下さい)。先程開梱した逆の手順で元に戻して動作確認を行いましょう。

iPhone7 ガラス修復後

これにて交換作業は完了となりますが、簡単にまとめます。

iPhone7のカメラレンズガラス交換について
・iPhone7のバックカメラの交換はガラスだけの交換が可能
・iPhone7の開梱の経験と知識があれば誰でもできます
・割れたガラスをキレイに取り除くにはバックカメラを取り外す必要がある
工具や部品の仕入れの手間を考えたら民間修理店に委託する方が確実ですよ
iPhone7 カメラレンズガラス割れ