割れたノートパソコンの天板をプラリペアで固定する

ノートパソコンの天板が割れると厄介

今回のご依頼は特殊で、「ノートパソコンが割れて液晶画面が歪み天板が割れてしまった」との事。この為、修理すべき箇所が2箇所となるが、1つ目は液晶画面の交換、もう一つは天板の割れを修復することになる。

今回はプラリペアを使う

通常では溶接や接着という形となるが、天板の素材は一般的にポリカーボネートで整形されている事から瞬間接着剤で接着または溶接は困難となる。

ノートパソコンの天板割れ

そこで、以前にも修理で利用した「プラリペア」を使用することにした。これは造形補修剤と呼ばれ、折れたプラスチック形状のネジなどが折れた場合にネジ穴から造形させるというスグレモノ。

プラリペア

今回はそのプラリペアの造形補修剤を使って割れた天板のを貼り合わせて隙間にプラリペアを流し込む事で再び割れる(折れる)事を防ぐ役割を果たして貰おうかと思い利用。

裏側なので不格好だが多少多めにプラリペアを流し込むことで「しなり」が生じても強度が保たれるので、全く割れることが無くなる。これは素晴らしい品物です。

ノートパソコンの天板割れをプラリペアで固定

表向きには多少のプラリペアを流しこむ。流し込みすぎると美観を損ねるほど格好悪くなるのでこの以下の写真程度で抑えておいて後にタミヤパテなどで隙間を埋めてサンドペーパーで慣らして塗装を行えば完璧なのだが、今回はあくまでも補修なのでそこまでは行わなかった。

ノートパソコン割れの跡

これで天板の問題は解決したので、液晶交換を行って無事に完了となりました。どなたでも開梱さえできれば修復できる方法ですのでお気軽にお試し頂ける内容だと思いますのでご参考になれば幸いです。

武藤商事 プラリペア クリアー PL16C 【HTRC 3】
武藤商事(muto syouji)
売り上げランキング: 151
ノートパソコンの天板割れをプラリペアで固定