寒気によるパソコンの突然のシャットダウンは交換のサイン?

この記事は約115秒で読めます。
パソコン困る

寒気でビープ音やOSが起動しない不具合とは?

先日の「グラボ交換後にPCが頻繫にダウンになる”Kernel-Power 41”の問題の解決方法」と似たような記事となってしまいますが、この時期に非常に多いお問い合わせ、それが「お遊コンが突然シャットダウンされてしまう」というトラブル。

これは単にシャットダウンしてしまったのではなく、寒気である事も大きな要因である事が実証されておりまして、条件としては「比較的ハイスペックのパソコンである」事で、電力を多く消費するマザーボードや貧弱な電源ユニットが実装している事も要因の一つです。

寒い朝にパソコンに電源を入れなければならない時期ですので、もしも老朽化したそのパソコンは急激な温度の上昇に対して耐えかねる事でダウン、もしくは一部の部品を破損しかねない事態に発展します。つまり、矛盾していますが高額なパソコンは意外にもリスクが付き物だという事、安価なパソコンでは起こりにくい事が起きてしまっているのです。

それらを防ぐには冒頭に紹介したブログの内容を参考に、電源コードを電源タップではなく直接コンセントに挿して確認して確認するなど、ある程度の検証は行った上で劣化と判断するか環境が原因と判断するかの参考にしてみては如何でしょうか。

因みに私が行っているシャットダウン予防策としては、車で例えるのであれば暖気運転と同様に、部屋を少しだけ暖めてからパソコンの電源を入れ、3分は操作せずに他の用事を済ませておく事で比較的被害が起きる回数も減少し、パソコンの延命にも繋るこの方法は意外にも効果的なので一度試して頂ければと思います。

今回このような内容を記事にしたのは、遠方のお客様宅にお伺いし為す術なく診断が完了したことから、理由をご説明した際にとてもスッキリされた様子でした。このように、私だけ起きているとは思わず、特殊な事例とはなりますが確実に年末の行事と重なる時期のトラブルとなりそうですので啓蒙の代わりとしてお伝えしておきます。

ただでさえ忙しい時期にパソコンのトラブルは辛いですねー
パソコン困る