ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

Steam Deckが人気ありすぎ・・・大人になってもゲーム機を買う理由って?

【ほらね】Steam Deckの人気がありすぎてサーバー落ちで予約出来ず・・・

先日に書いた記事で【ニンテンドースイッチへの最強の刺客になる?【Steam Deck】は最強の携帯ゲームPC】という内容で既に海外では予約が開始されたようですが、即サーバーが落ちたそうです。

予約だけで落ちるなんて凄い事なんですけどね。

三十路を越えたおっさんなら、携帯ゲーム機に憧れがあるんですよ。これが日本だけではなく世界でも証明された訳で、始まりはゲームボーイからアドバンス、そしてニンテンドー3DSからニンテンドースイッチ。

ゲーム機を沢山持っているからとは言え「何かするの?」と問われてもバリバリにゲームをされる方はごく一部で、そうではなく「所持したいんです」。持って居るだけで優越感を味わえるのが携帯ゲーム機であり、特有の嗜好品なのです。

そんな私も既に処分してしまいましたが、過去にゲームボーイを50台近くコレクションしていた事があります。「何のため?」と言われても理由は一つ、ただ集めたくなっただけ。

幼少期は裕福ではありませんのでしたので、近所の友人や知人のゲームを遊ばせてもらうのに、所持しているゲームタイトルを全て覚えていたんですよ、「今日はゲゲゲの鬼太郎を〇〇君の家に行ってあそばせてもらおう」などゲームで遊ぶ事に貪欲でした。

また、今では考えられませんがRPGのゲームソフトを一晩だけ借りて、死ぬ気で遊びましたが当然のことながら「レベル10程度が限界」で翌日に返却した記憶があります。

そんな子供だったときに「あぁ・・・ゲームが好きなだけ遊びたいなぁ・・・」と思い、高校生の始業式初日からアルバイトの日々、それで貯めたお金でNEOGEOと言う5万円のハードと2万円近くするゲームソフトを購入したのです。

その後もアルバイトでの貯金を重ね、100万円近いパソコンを購入して今の生業になっているんですから、ゲームのお陰で今がある気がします。

いまならスマホや洋服に投資される若者が主だと思いますが、私の青春時代はゲーム機器を買いまくること。それが今でも根付いており、気が付けば40代になった現在でもゲーム機は必ず事前に予約しています。

つまりどんな「ゲームをしたいか?」でおっさん達はゲーム機器は買わないんです。ゲーム機を持ってニヤニヤしたいんですよ、気持ち悪いでしょ?子供の時に遊べなかった反動はあまりにも大きいという事ですよ。

これを読んでいるお子様がいるお父様やお母様、お子様が望めばゲームくらいさせてあげてください。こんな風になりますよ?