会社訪問の視察で、私がGoogleドライブを勧める理由

難しい設定は不要で無償、それだけで選ばない手はない

長く経営を続けていると、「今度うちの会社に遊びにきてよ」と言われる事があります。ありがたいことに午前中の合間には会社訪問を行いこともしばしばあります。

その中で、パソコンの修理屋としてはパソコンは壊れるまで使うのが基本な事から、パソコンを診ることはほとんどありません。どちらかと言えば環境の方が気になります。

例えば某会社様の場合はネットワーク回線がボトルネックとなっている事から光ファイバー線のない、PocketWiFiで運営を行っている所があります。その場合では通信制限を考慮してメールソフト(メーラー)を撤廃して頂いたり、可能な限りクラウドは利用せずにNAS(ネットワークアクセスストレージ)にデータを保管し共有を行っていただくなど、社内にパソコンに少し詳しい方が居れば簡単に導入できる方法をご提案しています。

保守なんてこのご時世、必要がない環境(会社)もありますので、なんでも器用貧乏にならないような心がけを伝授できればと思ってご提案を続けております。

そこで、最近推しているのがGoogleドライブ。有名と言えば有名ですが、Googleさんのオンラインストレージのサービスです。先程言っていた事と矛盾している事かもしれませんが、クラウド環境は現代では必要不可欠な存在である事は間違いありません。

では何故Googleドライブを推すのか、と言いますと非常に簡単だからです。具体的には最近のAndroidスマホには標準で搭載されている事からLINEで受信した写真を即座に社内にシェアする事ができます、また撮影した写真をパソコンでまとめる際にも有効です。

この程度であれば意識をせずとも外出先でも情報共有を簡易的に図る事が出来ますので、シンプルにこのGoogleドライブだけを使う様に勧めるだけで、無償で15GBまでお好きなデータを共有する事が可能です。

某プリンタ会社のQR印刷も素晴らしいものですが、ややこしければ使う側にとってはストレスになるだけですので、手元にある簡単に利用が出来る環境だけを構築すればお仕事は格段に効率化されます。

多々ある企業のサービスを導入する前に、一度使ってみてください、Googleドライブ。

パソコン