2019年にiPhoneSEは復活なるか?

iPhoneSE2は全画面液晶時代の壁を越えて発売されるのか

2018年の始め、iPhoneSEの復活の兆しが見られたのは一部のリーク情報から、「安価版のiPhoneが登場するらしい」との情報が流れ、期待を寄せてしまっていた事から、一部の情報メディアでは「iPhoneSE2の発売日」まで勝手な予想をされる始末。

iPhoneSE2 の価格はiPhone7よりも高い?ベゼルが削れてA10チップを実装か

これはiPhoneXが登場してからの全画面表示時代の到来がiPhoneSEのような4インチサイズの終焉を意味しており、今後も登場する可能性としてはほぼゼロに近いという事です。

その理由としてはバッテリーの容量を示します。現在4インチに搭載したバッテリーを稼働させて、A12チップを内蔵させiOS12を動作させながら、有機ELディスプレイで動作させた場合を考えると小型バッテリーでは1日は持つかもしれませんが、皆様が現在使われているiPhoneXSやXRと比べれば間違いなくバッテリー不足になる事は間違いなさそうです。

もうAppleの時代ではない?

4インチサイズのスマホとまでは考えなくても、せめて小さなサイズのスマホがあれば良い。現在シャオミというメーカーのandroidスマホが中国市場でダントツの売れ上げを誇っているようです。

売れる理由としては粗利を考えず周辺機器で売上をけん引するという仕組みとのことで2018年に中国でナンバーワンに売れた「Xiaomi Redmi Note 5」では160ドル(1万8千円)台でSnapdragon 636を実装するなど、iPhoneXSが1台分でXiaomi Redmi Note 5が7台も購入ができる計算となってしまいます。

もちろん性能の比較としては劣りますが昨年の末に発売された「Xiaomi POCOPHONE F1」ではiPhoneXSと同等クラスのレスポンス性能がある事から、アップル一強の時代は間違いなく崩壊したのかと思われます。

iPhoneXSと同等クラスのスマホXiaomi POCOPHONE F1を注文しましたよ

それでも日本人はiPhoneが大好きですので、早々は心変わりはしないと思われますが、「価格が安い=性能が悪い」という常識を覆す端末が、海外では続々と登場しているという事を知っていただければ幸いです。

iPhoneSE2