ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

当店も消費喚起事業助成金を申し込みましたが、こんなモノまで適用できるのであれば早めに申請しておけばよかった

助成金申請
申請事めんどくさがり代表の私でしたが、今回ばかりは申請を行っておきました。それは先日書きました記事の「消費喚起事業助成金」です、そもそも自身が申請せずによくまぁこんな事を書いたものかと思いまして、知ったからには申し込んでみましたがこれが驚くほど簡単。

新型コロナウイルス対策消費喚起事業助成金

当店では苫小牧市新型コロナウイルス対策消費喚起事業助成金でのサーバー設備等のお見積もりを承っております

提出するのはこちらのサイトから「新型コロナウイルス対策消費喚起事業助成金」の「申請時(様式1~3)」のExcelファイルをダウンロードして記載するだけ。

記載するシートの項目は4つ
申請書
予算書
誓約書
役員名簿

これに「直近の確定申告の控え」と「見積書のコピー」の計6枚をレターパック370に入れて送付するだけ。因みに、戸惑うと思われる箇所は「事業名の書き方」と「予算書の税抜き計算」だと思われます。

レターパック370を手書きではなくパソコンで打ち込んで印刷したい方はこちらのサイトを使用し、印刷して貼り付ければ完了なのでオススメです

事業名は会社の事業内容ではなく助成金で購入した商品や施工内容で何をするかを簡略して明記すれば良いみたいです。

事業名

税抜き計算については、オンライン見積が税込み表記なので、こちらのサイトを利用して金額を打ち込んでに自動計算を行うと簡単に税抜価格が抜き出せます。

見積もり税抜き計算
助成金はこの「対象経費」から支給されることになりますので、税抜きで10万円を超える価格で提出すると良いかもしれません(無理にとまでは言いませんが)

因みに当店は「店舗用のぼり」と「店舗用看板」と「会員カード」と「名刺」を助成金依頼として申請しました。これは「新型コロナウイルス感染症拡大による売上の減少を回復させるため」という理由であれば、ほぼ承認されるのではないかと思います。

枠には限りがあるそうなので、もし検討中の方はお早めに申請してみては如何でしょうか。