「ドスパラで買ったんですよ」と、ニッコリ

この記事の読了時間 : 253
パソコン

BTOパソコンが売れている様子

最近売れてますねーBTOパソコン、特にパソコン中級者の方から注目を浴びているのがパソコンショップのBTOパソコン。安価でしっかりとした作り込みをされているので、最近では法人でも積極的に取り入れているそうです。

家電量販店のパソコンでは物足りない

10年ほど前であれば家電量販店で販売されているパソコンでしか入手が出来ないと思われがちであった事から、オープニングセールとしてはパソコンが家電量販店では目玉商品として取り上げられておりましたが、最近では処理が速くて余計なものが入っていないDELLやドスパラやマウスコンピューターなどのパソコンが売れに売れているとの事です。

また、売れているという証拠に、日経新聞でも「eスポーツ人気で専用パソコンの価格上昇」という記事が取り上げられておりましたが、「eスポーツ」という言葉を世間に広めたい戦略としては、メディアは効果があるように報道されておりますが、実際は「eスポーツ」に該当しないMMORPGなどが購入される動機かと考えています。

そんなBTOパソコンは最終形態に近く、必要に応じて購入するパソコンの盛り付けを調整が行える唯一無二の存在です。そんな都合の良いパソコンを法人が目をつけない訳がありませんよね。でも「なんで今さら?」と思われる方の為にちょっとだけ考察してみたいと思います。

CPUが選択できる時代の幕開け

10年前はインテルのCPU一択の時代でした「インテル入ってる」とCMでも有名なキャッチコピーがあるように、世の中ではインテルが入っていれば間違いないという印象があった事かと思われます。もちろん今でも王道を走っているインテルですが最近では飛ぶ鳥を落とす勢いのAMD社のRyzenシリーズが超良コスパのCPUをどんどんと世に送り出しております。

Ryzen3 2200G

このRyzenとは、低価格ながらもインテルの3分の2の価格で同一の処理でグラフィック機能も備わっている事から、どんどん注目を浴びているCPUです。こんなのを出されたらパソコンショップとしては選択肢の幅がグ~ンと増えますので、よりオトクな条件でパソコンを販売が行える事になりますので、市場がデスクトップを推す理由が理解できます。

10万円以下のパソコンが世の中を占領しそう

この内容を読んで「あれ・・・それってパソコンの方がスマホより安く買えるって事?」という疑問をお持ちの方が出てくると思います。実はその通りで、iPhoneXが14万円しますがパソコンは10万円以下でなんでも出来てしまう事を考えたら・・・買ってしまいそうですよね?

お仕事でもプライベートでもCDやDVDを焼いたり、好きな動画を大画面で視聴しながらお仕事の表計算とワープロソフトをクラウドで保存して空いた時間にゲーム・・・こんな事はパソコンでしか成しえられない事なので自ずとパソコンはオワコンにならない理由の一つとなります。

迷っていないでYOU買っちゃいなよ、と言っても良い程豊作となりそうなBTOパソコンは今後のPC市場のトップランナーとなる事は間違い無さそうです。

パソコン買うならBTO!!パソコン買うならBTO!!
パソコン