ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

PCが正常に起動しない時にやってはいけない事は確認せずに〇〇〇〇される事

PCが正常に起動しない時にやってはいけない事は確認せずに〇〇〇〇される事

HDDのデータ復旧は専門知識ある方だけに

これは実際に遭った事例を元に記事にさせて頂きます。少し前に「パソコンが正常に起動しないのですが、大事なデータが入っているので取り出せるのか?また料金は如何ほどでしょうか」とのお問い合わせを頂きまして、こちらがお電話で概算見積もりをお告げした際に、「検討させて下さい」との事で一旦このお話は終わりました。

すると数時間後にまた同じお客様から「家電量販店でも確認してもらったのですがダメでした、これからお持ちしてデータの取り出しを行ってもらう事は可能でしょうか」との事で、ご来店されるご予約を頂きました。

ここで、このお話の結論から申し上げると、こちらのお客様のハードディスクはほぼ機能しない状態で通常でのデータ復旧は困難と判断し、さらに上位の検査と復旧が行える会社のご紹介をさせて頂きました。

問題に気が付きました?

さて、ここまでの記事で大きな問題が起こっている事に、皆様はお気づきになられたでしょうか。

それは知識の無いスタッフが安易に検査を行ってはいけないと言うこと。今回では家電量販店のスタッフが対象です。これはお客様は一切の責任も非もありません。

パソコンが正常に起動しない事はお客様が仰っておりますので、正常に起動しないパソコンの電源を入れてどんな魔法をかけようとしたのでしょう。お祈りでは決してデータ復旧は行えないことを知らないのでしょうか。ハードディスクは不調となった時に何度も電源のONとOFFを繰り返すと、データ復旧の成功確率が99.9%から0.01%になる事があるのです。

では何故お客様は家電量販店に向かったのか、それは購入した家電はその場所に行けばなんでも直していただけると信じていたからです。私達にはそれを覆す言葉はありませんが、専門知識の無いスタッフが安易に取った行動が復旧が完全に行えない致命的な状況を生んでしまったのかもしれないと考えます。

まず十分なヒアリングをしてから電源を入れるのと、十分なヒアリングをせずに電源を入れるのは、機器の障害具合によっては大きく明暗を分ける事があります。そこで為す術もない状態での復旧で最後の砦となった当店では、全ての事実を伝えなければならない義務があります。

もし、このような事態を一件でも減らすには、事前にハードディスクの故障も考えられるのでデータの復元が可能かを判断出来る人が居る事が大前提となりますので、なにも知らないスタッフは手を触れず、お断りして頂ければ安価な復旧費用でデータを救済できる可能性がある事を知って頂ければ幸いです。