ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

【2021年3月版】5万円以内で購入ができるオススメのノートパソコンはGemiBook Pro

【2021年3月版】5万円以内で購入ができるオススメのノートパソコンはGemiBook Pro

ネットで手軽に安いノートパソコンを購入したい方が増えておりますが、家電量販店ではNECや富士通や東芝を推すものの、ネットでは安価なモデルはほとんどが中国メーカーのモデルばかりです。

「あぁ・・中国製ね・・ダメダメ」と思いがちですが、そこは偏見を捨ててしまうほど良いモデルも一部では存在します。そこで、今回は5万円以内でAmazonで購入が出来るノートパソコンの中で、最もオススメできる商品をご紹介したいと思います。

もう生産国でパソコンを選ぶ時代ではないですよー

CHUWI GemiBook Proは間違いなく最強コスパ

今回オススメするのは【HUWI GemiBook Pro】というノートパソコンで、CHUWIという中国ではかなり有名なPCメーカーです。有名になった理由としては低価格での製造販売を得意としているメーカーで、クラウドファンディングを利用して、購入者から反応が良いモデルだけを先行販売を行い、後に一般販売を行っている事から、ハズレの機体を製造しない事で無駄なコストを極限まで削減している事で、この低価格化を実現しております。

素晴らしいと絶賛しているものの、一番気になるのはスペックですよね。以下に記していますのでよくよく確認してください(オススメの箇所は赤いマーカーを引いております)。

スペック一覧

OS : WIndows10 Home (1909)
CPU : Celeron J4125 (9年前のi5m相当)
GPU : Intel UHD Graphics 600
メモリ : 16GB
SSD : 512GB
スクリーン : 14インチ(IPSディスプレイ)
無線 : WiFi6( Intel AX200チップ 802.11ax)
Bluetooth : あり(5.1)
USB : タイプA(3.0) x 1 / タイプC x 1
MicroSDスロット : あり
イヤホンジャック : あり(3.5mm)
重量 : 1.5kg

えっ!!5万円以下なのに・・・メモリとSSDの搭載容量がぶっ飛んでる!!

CHUWI GemiBook Proのメリットデメリット

いやぁ・・・このスペックは凄いですね、これでも中国産はダメと言えますかね?それではこのパソコン(GemiBook Pro)のレビューを含めて【イイねと言える点とイマイチだと思える点】をまとめてみましょう。

イイねと言える点
  • 5万円以下でメモリ16GBでSSD 512GB搭載は驚異的
  • CPUが10年前のi5相当なので動画視聴や文章作成なら問題なし
  • IPS液晶は画質がキレイ
  • 安価なモデルにしてはスリムデザイン
  • Wi-Fi 6対応なので高速通信が期待できる

イマイチだと思える点
  • 英字キーボードなのでクセあり
  • 重量が1.5kgは少々重く感じる
  • Windows10が古いのでクリーンインストールは必須
  • USBポートが少ないので必要に応じてハブが必須
  • スペック的にゲームには不向き

上記の良いところとイマイチな所をざっくりを書きましたが、総合的にはコスパ的には買いだと思っています。一番大きな理由としては現代ではクラウド社会なので、普段使いに飽きたらChromebook化してしまえば良いだけのお話。

因みに、Chromebook化をするならば【行き着く先のOSはやはりChromeOS・・・やっぱり速かった[ CHUWI HiroBook ]】を参考にして頂ければ、簡単に入れ替え作業は簡単に行えますので参考にして下さい。