ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

2020年夏に7万円前後制作できるオススメのパソコンパーツ7選

2020年夏に7万円前後でパソコン制作にオススメのパーツ7選

夏にパソコンを自作されたい方へ

「まだ買い時ではないおじさん」という言葉がパソコン好きの中で流行しているようですが、確かにまだ買い時ではないのが事実であり、それはちょっと前に書いた記事でCPUのRyzenシリーズのが発売間近という事もあり、購入に踏みとどまっている方がいるとは思います。

AMD Ryzen 3 3300X

AMD Ryzen 3 3300Xの入荷はいつ頃?「9月下旬以降だそうです」

それでも夏のお盆休暇など貴重な連休に、パソコンを新調されたい方や、2台目を追加で必要になってしまった方などはこの時期に早めに手に入れたい気持ちは十分に理解できます。

その一例として、私はオンラインゲームをパソコンで日々嗜んでおりますが、急きょ2台目が必要になる時期がありまして、それは「サブキャラ育成」という、どうしようも無い理由でもあったりするのですが、基本はパソコン一台でもなんとか補える様に操作は可能なものの、マクロ(自動で操作を実行するなどのプログラムなどを示します)でゲーム内で製作を行う動作を行うと、どうしても一台のパソコンが占領されてしまう事から欲張りに2台目を欲しているというのも現状です。

パソコンの神

夏は各ゲームで値下げキャンペーンというのが多いので、お安く新規でゲームを遊べる権利を購入ができるという魅惑の時期でもあります

そこで今回はどうしても一台が必要になった方に向けて、私なりにドスパラという店舗で構成したパソコンパーツをご紹介しますので、この構成であればそこそこのゲームは必ずサクサクと動作させる事が出来るかと思いますので参考にしてみて下さい。

パーツ品名
CPUIntel Core i5 10400F BOX
マザーボードASRock B460M Pro4
メモリCorsair CMK16GX4M2A2666C16
グラボZOTAC ZT-T16520F-10L
電源 Thermaltake PS-TPD-0500NHFAGJ-1 (500W)
SSD(M.2)SN550 NVMe WDS500G2B0C
ケースThermaltake CA-1J4-00S1WN-00

ここで簡単に上記の構成のご説明を行いたいと思います。まずはCPU(Core i5 10400F BOX)はインテル製を採用しておりますが最新のチップセットとなりますので少々割高感がありますが、速度は折り紙付き。

ただしCPU(Core i5 10400F BOX)ではグラフィックス機能が無いのでグラフィックスボードを差し込む事で不釣り合いな環境を補っております。個人的には定期的にグラフィックスボードはコスパ重視で2年〜3年で変える事が望ましいと思っております。

SSDはm.2の採用は当然のことながら、本来であれば転送スピードを優先したいところでしたが、対応しているマザーボードの価格を考えて採用はせず。また電源ユニットに関しては、品切れが多い事から購入を決められるタイミングであれば優先的に購入をされる事をオススメします。

最後に、Amazonで部品を選定しなかった理由は、部品の信ぴょう性が乏しい販売業者からの購入を行うリスクがありますので、もしAmazonで購入される際は十分お気を付けくださいね。

ピシコ

欲しいときが買い時と分かっているのですが、タイミングが難しいですよねー