ASUS TUF B450M PlusでRyzen5 3400Gを使用するとUSBが無効になる不具合が発生するらしい

Ryzen5構成FF14パソコン

Ryzen5 3400Gは有能なのにマザボが残念

かなり特殊であり固有の不具合のご報告です。お客様から「パソコンでUSBが断続的に切れてしまう」とのご相談を受け診断を行ってみた所、当店でも再現しました。これは特定しにくい不具合なのですが、この問題を「不具合」と断定するまでの経緯を可能な限り噛み砕いてご説明をしたいと思います。

まずパソコンのCPUはAMDの「Ryzen5 3400G」

マザーボードがASUS製の「ASUS TUF B450M Plus」

この2つの組み合わせが不特定の条件でUSBデバイスが突然認識されなくなります。

具体的には利用している時に特定の負荷(ファイルのコピーやアプリケーションの起動など)がかかると、USBがすべて無効になってしまいパソコンはUSB機器をすべて取り外された状態になります。その後は取り付けを行っても操作ができませんのでハードウェアによる強制再起動を行う他ありません。

また、2019年11月11日現在までもマザーボードのサポー情報で掲載されておりますBIOSの最新版でも状況は改善されておりません。つまり現状では打つ手はないと言うことになります。このような場合は可能な限りASUS以外の他社製品を使用して頂ければ、交換後は不具合無く動作するものと思われます。

この問題はoverclock.netというサイトの投稿で明らかになっており、今回ご相談頂きましたお客様以外でも発生している様子ですので、これからこの構成でパソコンを組もうかと考えている方は控えたほうが良いかもしれません(因みに別のCPUでは問題は無いそうです)。

参考サイト(overclock.net)
ASUS TUF B450M Plus Gaming – 3200G Issues
https://www.overclock.net/forum/11-amd-motherboards/1730900-asus-tuf-b450m-plus-gaming-3200g-issues.html

Ryzen5構成FF14パソコン