ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

ドンキホーテでゲーミングパソコンが販売されていると知って見に行ってきました

Ryzen7
画像のパソコンはイメージです

以前に、ドンキホーテでオリジナルのゲーミングパソコンが販売されているツイートを見てからずっと気になっていたのです。

そこで先日、苫小牧市のMEGAドン・キホーテに行ってみた所、上記のツイートのPOPがあったので見てみると、本当に109,780円(税込)で購入が可能でした。

ネットでは、この価格をご覧になり「たっか!(値段が高いの意味)」と話題となっていたようですが、このドン・キホーテのゲーミングパソコンと呼ばれるモデルは決して高くはないのです。

ただ、パーツ選びのセンスが致命的に悪いだけなのです。

まず、そもそもがグラフィックボードが搭載されていないモデルである事から、オンボードで稼働させる気満々、これを果たしてゲーミングパソコンと呼べるものなのか・・・

さらにTwitterの写真の下に、小さく「グラフィックスカード Gerorce GTX1660 Ti 付きも取り寄せ可」書かれており、このグラボ付きモデルの価格が186,780円(税込み)となり、なんと77,000円アップとなるハイパーぼっ〇くり仕様に様変りします。

この価格は間違いなくツッコまれますって・・・

ドンキのゲーミングパソコンの構成をAmazonで試算してみよう

そこで、ドンキのPOPに書かれているPCパーツ仕様をAmazonで購入してみると、どの程度お得に購入が出来るのか調べてみる事にしました。

Amazonで各PCパーツの価格を見てみよう

まずはCPUとなる「AMD Ryzen 5 PRO 4650G」は20,680円(令和4年9月11日現在)

マザーボードは「MSI A520M-A PRO」で、価格は10,860円(2022年9月11日現在)

メモリは「DDR4 8GBx2」との事でしたので、マザーボードに適用出来る範囲のメモリは「DDR4 PC4-21300 8GB x 2」を選択すると、価格は6,650円(2022年9月11日現在)

PCケースは「MPG GUNGNIR 110R」との事なので、価格は15,727円(2022年9月11日現在)

電源ユニットは「CWT 750W 80PLUS GOLD」との事でしたが、Amazonでは販売されておらず類似の商品の玄人志向を選択すると、価格は11,596円(2022年9月11日現在)

SSDは「240G」との表記で規格がSATAかNVMeかは不明でしたが、NVMeモデルを選択すると価格は4,637円(2022年9月11日現在)

created by Rinker
Crucial(クルーシャル)
¥5,080 (2022/10/06 16:12:35時点 Amazon調べ-詳細)

そして最後にグラフィックボードを選択した場合の「NVIDIA GeForce GTX 1660Ti」では、価格は37,800円(2022年9月11日現在)

Amazonで各パーツを購入した場合での合計は?

ここで上記のAmazonで販売されているグラフィックボードを覗く各パーツの価格の合計を出すと70,150円となり、これにWindows10のDSP版の料金(23,030円)を加算すると、合計で93,180円となります

・グラボ以外のパーツをAmazonで購入した場合 : 93,180円
・ドンキホーテで購入した場合 : 109,780円
( Amazonで購入して組めば16,600円安くなる )

更に、グラフィックボードを加えると以下の差額となりました。

・グラボを含めたパーツ全てをAmazonで購入した場合 : 130,980円
・ドンキホーテでグラボ込みで購入した場合 : 186,780円
( Amazonで購入して組めば55,800円安くなる )

因みに、自作でPCを組める方はそもそもドンキでゲーミングパソコンを購入しようと考えない筈ですが、各種パーツを揃えるだけなら55,800円安く、同じ構成が構築できるという事になります。

PCケースと電源ユニットのグレードを下げれば更に安価に

個人的には、電源ユニットは750Wも必要ないと思い、PCケースもここまでの大きなタワー型を選択しなければ更なる値下げが可能になります(Windows10ライセンスももう少し安価に手に入りますしね)。

そこで、PCケースを3,000円台にし、電源ユニットも8,000円前後に抑えれば、1万5千円程下がる事から、ドンキホーテ同様の構成がグラフィックボード込みでも115,980円で購入可能となります。

つまりはドンキで購入するより70,800円安く制作が出来る事になりますね

ただ、個人的にはこれらの構成でPCを組もうとは考えず、私であれば第12世代のインテル製のCPUでGPU無しモデルを選出して、グラボは最低でもGTX3060を選択すると思います。

なにせAMD構成でPCを組むときにはマザーボードとメモリとの相性を考えて選出する事が面倒だからです。もちろん安定した構成が定まれば、AMD構成で組んだ方がコスパは抜群に良いのは把握しておりますが、少しだけPC自作の経験値が必要になるかと。

結論、ドンキでゲーミングPCは買うべき?

1%でも悩むのであれば、PCパーツショップでBTOパソコンを購入すべき


と、なりますね。

BTOパソコンの構成は、簡単に仕様や構成を変更する事が可能ですので、変更される(されてりう)可能性もありますのであしからず、です。

PC初心者の方は有償補償がかけられるPCパーツショップで購入される事をオススメします(ドスパラやツクモなど)

シェアお願いします!!