ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

対応が終了するアプリをWindows10でも使う方法とは?

サポート終了と利用終了は異なる事も覚える

お客様から一通のメールが、その内容には「もうすぐ終了するこちらのアプリの代替えはありますか?」との事。因みに”こちら”とはレタッチソフトの事なのですが、かなり万能なアプリケーションの様子。

それがPicture Managerという、マイクロソフトがOffice2010に収録しているアプリだそうで、トリミング、画像サイズ変更、画質圧縮、明暗、コントラストなどの簡単な加工が可能との事です。

これは使えそう・・・と、実はこのような良いアプリの存在を私は存じておりませんでした。ですが、残念ながらもこのアプリは今年でサポートが終了(正式にはOffice2010のサポートが終了)するとの事で、愛用者はマイクロソフトのフォーラムで代替となるアプリの要望も挙がる程の深刻ぶり。結果としては、延命処置を行う程度で代替えとなるアプリはマイクロソフトでは存在しない様子。

そこで当店としては代替えのアプリとして、全ての機能は補えないものの「pictcutter」というアプリをご紹介しました。

便利なアプリはWindowsでは減少し、iOSやAndroidでは続々と登場しているのが現状。そんな状況で私がいつも考えている方法としては、代替えのアプリが登場するまで粘り強く使い続ける事しか方法がないと思っております。

例えば「サポート終了」とは利用が行えなくなる訳ではなく、既存の不具合が修正されなくなる問題だけであればそのまま継続利用を行うことを推奨しております。もちろん、これを使い続けるには最低限のルールはあります。

・WindowsUpdate後は必ず動作確認を行うこと
・興味本位で何でもアプリやツールをインストールしない

この2点を決まり事のように守って頂ければ、正常起動すればそのまま利用を行っても良いという判断とします。また逆に起動しなくなった際にはOSリカバリ後でも正常起動出来なくなったらお役目は終わったと思って下さい。

このように、アプリケーションは期限切れというものは期間ではなく、相性が悪化した際が終了だと思うことです。ですので、ダウンロードできるアプリは必ず保管を行っておいて下さいね。