ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

ビットコインの値上がりの影響でPCパーツが品薄状態に【新生活の方はノートPCの早めの確保を】

ビットコインの値上がりの影響でPCパーツが品薄状態に【新生活の方はノートPCの早めの確保を】

2017年以来のビットコインの値上がりでマイニング(採掘)の再燃との事で、市場でグラフィックボード(ビデオカード)の不足が続いている様子です。当店としてもBTO(ビルドトゥオーダー)パソコンのご依頼頂いておりますが、グラボの入荷の目処が経っていない状況ですのでゲーミング構成のPCに関しては当面お待ち頂くことになりそうです。

なぜグラボやCPUが品切れになるの?

因みにマイニングとは、仮想通貨の演算処理を一般人でもパソコンで参加する事が可能となっている事で膨大に暗号化されたデータを処理の補助をする役割(処理)をマイニング(採掘)と言われ、その報酬は処理能力の速さの処理によって大きく変わる事から、今回のような高性能なグラフィックボードが軒並み売り切れる事態に陥っているのは、マイニング目的か転売屋が買い占めている事になります。

とは言え、PCやグラボのスペックによって電気代がかかることから、マイニングによるPC環境の投資額と光熱費を捻出する以上の結果には到達しないリスクも生じる事から、運とタイミングと勢いを要するのでやりたい方は気長にどうぞ、としか言いようがないのが現状です

年間100万の売上でも、投資したパソコンと電気代で消えたという事例も後を絶ちませんからね、金策だと言ってもこれから始められるからにとってはリスクしかありませんので注意です

話は戻り、具体的に市場ではどのくらいグラフィックボードが不足しているかと言えば、以下の価格.comのグラボ人気ランキングの一覧画像をご覧頂ければお分かりかと思われますが、価格が表示されていないのは【ショップが販売価格を掲載していない状況】であり、つまりは品切れという事になります。

また、グラフィックボードだけではなく、マイニングの演算処理に向いている言われるAMDのRyzenモデルにも若干影響があるようで、生産が追いつかない状況となっている事から、市場のノートパソコンの納品も大幅に遅れていると聞きます。

その証拠として、日本HP(ヒューレット・パッカード)社では部品欠品のお知らせを行っており、当面はこの状況が続くとパソコンの予約から納品まで最低でも1ヶ月は待たされる事態となっているようです。

つまり今後もビットコインの値上がりが続く限りは、パソコンパーツの値上がりや在庫不足が続くという事になりますので、今はゲーミング仕様のパソコンは我慢したほうが得策かと思われます。

ビットコインが衰えれば中古市場でグラボが湧く

転売屋にとっては今はお祭り状態、なにせ7万円程度で購入出来るグラフィックボードを10万円で売れる訳ですから、笑いが止まらない状況だと思います。その証拠にオークションサイトではかなり高額な取引が現在でも行われている様子。

ヤフオクでRTX3070を検索してみた結果
ヤフオクでRTX3070を検索してみた結果(2021年2月23日 現在)

とは言え、この状況が一転する事態が始まるのは時間の問題で、儲からないと判断した投資家達が一斉にグラフィックボードを売却する時期が確実にやってくるのです。

買い取りが多くなれば値段が下がるのは当然のことながら、市場ではマイニングで不要になったパソコンパーツが続々と投下されてゆきますので、現在では10万円前後のRTX3070のグラフィックボードも後々には中古で5万円前後で販売される日もそう遠くはないと感じております。

また、コロナ禍の影響でリモートワーク化も増えておりますので、早々には値段が下がることはありませんが、2022年以降は中古パソコン(パーツ)の買い時かもしれません。

それまではちょっと我慢して、どうしてもゲームをされたい方はPS5を狙って予約注文をしてみては如何でしょうか。またノートパソコンが必要であれば環境で許されるのであればMacBookProの購入を検討してみるのも良いかもしれませんね。