ファイテンのメタックスシリーズは偏頭痛や肩こりにも効くようです、パソコン使いの方にはオススメですね

ファイテンメタックス

ファイテンのネックレスはかなり効果あるかと

最初に、まず私は重度の肩こりです、あとは軽い偏頭痛もちなのですが大半は修理などのお仕事でパソコンやスマホの修理を行っているときにズキズキと痛み出す厄介な状況が続いております。

そんな中で、かなり緩和されたのがこのファイテンのネックレスで「チタン50倍のX50」を愛用していたのですが、もっと効果のあるネックレスが欲しくなり、ファイテンショップに行って聞いてみると「最近はチタン100倍のX100シリーズよりもメタックスがオススメですよ」との事、ほう・・・その「メタックス」とは何でしょうか、というのが今回のお話です。

メタックスとは?
金属をナノレベルで水の中に分散させるファイテンの水溶化メタル技術により、様々な素材が誕生しています。そして個々の金属の特性を最大限活用することで、私たちが本来持っているチカラを引き出し、カラダを本来のリラックス状態に導くことが可能になりました。

ファイテン公式ページより引用

なるほど・・・わかりません。

そこで詳しく読んでみると図解があるので、その分解した成分とは「金」「チタン」「プラチナ」「シルバー」「パラディウム」らしく、それを水溶化で混ぜ合わせた技術を言うらしいです。あと、当たり前ですが「磁気ネックレス」ではないのですよ、「チタンネックレス」でもなく、これがメタックスシリーズというもので、これがチタンの100倍濃度以上に効果があるとか・・・ふむふむ・・・

でも・・・そんなに効果があって・・・お高いんでしょ・・・?と思っていたのですが5,000円前後で購入が可能でしたよ(羽生結弦モデルなんてものは1.5万しますがそれは値段というより欲しくはなかったので除外です)。

ネットショップでも購入が可能ですが、一度ご自身に合う効果というものを公式ショップで試してみると良いかもしれません。その試す(テスト)の方法はアクセサリーを付けた状態でペットボトルの水を二本指で持ち上げてみて「軽くなるか重くなるか」によってご自身に合うネックレスがあるとの事です。つまり、人によっては磁気ネックレスが合う人もいれば、チタン濃度が高いネックレスが合う人もいれば、メタックスが合う人もいるという事。

私の場合はメタックスをつけるとペットボトルが軽く持ち上げられた感覚になったのですよね。

「おおおお!軽くなった気がする!!」

と言いましたが「お客様・・・元々付けていたネックレスを外さないと検証になりませんよ」との事で、顔が真っ赤になりながらネックレスを外して再度試しましたが結果として間違いなく、メタックスは私にとって相性がいいと思いました。

感覚としては頭痛は減り、肩こりは無くなりませんが重だるさはなくなった気がします。あとは疲労感が少なくなった気がしますね、これは良いと思いましたので、メタックス素材が練り込まれている「い草のまくら」も購入しました。

デスクワークで眼精疲労に悩んでいる方や、立ち仕事で疲労感が取れない方は是非一度お試し下さい、かなり効くと思いますよ!!
ファイテンメタックス