ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

やはりプラリペアは最強だった、デスクトップパソコンのヒンジ折れの補修や補強にも最適!

以前にも書いた事のある造形補修剤のプラリペア。パソコン修理業としてはこの補修剤は欠かせない存在となりました。前回ではLenovoのノートパソコンのヒンジ箇所を補修したのですが今回はデスクトップパソコンのケースの補修を行いました。

Lenovo プラリペア初日

LenovoのG580の修理再び、ヒンジ折れ箇所にプラリペアで補強作業を行いました

対象は富士通のデスクトップパソコンの全面部分。

表面はしっかりしているのですが、背面のネジの固定箇所は経年劣化するとボロボロに折れてしまいます。これはメーカーが悪いのではなく素材に耐久性が無いのです。

デスクトップパソコン

もう補修をしてしまいましたが、拡大するとこのような形です。

プラリペア補修

造形補修剤は元々あった形を補助するものなのですがあまりにバラバラになったプラスチックではネジが入らなくなってしまう事からそのままプラリペアを流し込む事で解決します、かなり強引ですが。

硬化は20分程だそうですが、1時間程放置しておけば確実に折れなくなります。

プラリペアで修復したパソコン

一つだけこのプラリペアの短所を伝えると、パウダー状の粉とメチルメタクリレートという溶剤で粉を固形に変化させるので、キレイに造形出来ないという事。

もし、ヒンジ折れやヒビによる補修が必要であればこれを使ってみては如何でしょうか。一家にひとつあるだけで緊急時には重宝するかと思います。

created by Rinker
武藤商事(muto syouji)
¥1,170 (2020/12/03 01:39:28時点 Amazon調べ-詳細)