ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

ネトゲでもリアルでも「やりたいこと」を達成したければ耐える事も大事ですね

ネトゲでもリアルでも「やりたいこと」を達成したければ耐える事も大事ですね

一昔前に遊んでいたネトゲ(ネットゲーム)を久しぶりに遊んでみたら、遊ぶ内容が二極化されている事ってありますよね。

ひとつはハイエンドコンテンツが毎日遊んでいる方向けの内容、もうひとつはコミュニティ重視のユーザーイベント内容、これはどんなMMORPGでもありえる事なのですが、その中で一般ユーザーがタレント化されている事があります。

楽しいイベントを開催されているユーザーもいれば、そのユーザーがいるだけで盛り上がるイベントもあるようで、最近ですがこの両方を経験したのですが、一時ゲームを離れているとかなりの温度差を感じたんですよね。

「暫く遊んでいなかったユーザー」と「新規ユーザー」の方向性は比較的同じで、ゲームを純粋に覚えて楽しめるようになれるか?が焦点となりますので、既存のアイドル的な扱いをされているユーザーを見ると「凄いなぁ・・・」とは思いますが、「この人はゲームではなくコミュニティを重視しているのだろうな」と割り切るほど毎日ログインしている人との距離がより空いてしまって、結果として復帰組や新規組は冷めてしまうなんて事がしばしば。

楽しむには耐えることも必要

これを書いたのはお客様が「MMORPGでぼっちプレイをしていると寂しい気持ちになるんですよね」と仰っていた事が印象的だったのですが、私は自身が楽しければ(リアルでもゲーム内でも人に迷惑をかけていない事が前提)何も引け目を感じる必要なんて無いと思っています。

レベル上げが楽しい、戦闘が楽しい、金策が楽しい、それで十分ではないかと思うのですが、肝心な事はオンラインゲーム(ネトゲ)であってもオフラインゲームであっても一番大事なのは自身がどれだけ遊んでいて楽しくて心地が良いか、によると思うのですよね。

ただし、現実でもゲームでも「やりたくないこと」も行わなければ「やりたいこと」が出来ないんですよね。

それを履き違えて「やりたいこと」だけを最初から追い求めては「このゲームは面白くない」と思う人がいるように「この仕事は私に合っていない」と同じで、やりがいを感じるためには「やりたくないこと」に耐える事も一応大事って事なんですよね。

因みに、同じゲームを20年間も永遠とタイムアッタックをされている方がいます。このような方は上手くなりたいなんて事はとうに過ぎていて、記録を出すために日々黙々とプレイされている方は記録更新が唯一の快感なんでしょうね。

ですので、無理にゲームなんてやる必要はありませんが時間を浪費してまで遊ぶ訳ですから、それなりに目標をもって遊ぶ事ができれば、どのいうな遊び方でもその方にとって有意義につながると思っています。

ストーリーを楽しむのも良いし、操作するだけでも楽しいゲームありますもんね