ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

ビジネス用のLINEアカウント取得が必須の時代に、お得な情報は法人向けにも配信へ

ビジネス用のLINEアカウント取得が必須の時代に、お得な情報は法人向けにも配信へ

LINEアカウントは2つ必要な時代に?

必須という訳ではありませんが、これからの時代はLINEアカウントを個人用と法人(店舗)用にで設けなければならない時代になったかもしれません。その理由として、最近では仕入れを行う卸問屋からLINE Businessの登録が推奨されており、これに加入(お友達登録)を行うと様々な恩恵があるのです。

例えば、一昔前では以下のような情報はメール形式を取っていたのがLINEのタイムライン形式での状況に切り替わったと考えて頂ければご理解しやすいかと思われます。

・部品の入荷情報
・お値下げの情報
・お問い合わせ

日本でのSNSはコミュニケーションを取るアプリの中では、LINEアプリがダントツでシェアがある事から「これからの時代は〇〇〇〇のアプリだよ」と言われても、実際にはLINEを導入している事が前提となっているのが現状です。

このように、電話番号やメールアドレスを個人用と会社用に切り分けるように、LINEを軸にスマホを2機種持つ人が確実に増えると実感したのが、企業または店舗側が用意するLINE Businessへの「お友達追加」による恩恵です。

今まではLINE(個人用)とLINE Business(店舗用)としてスマホ一台で共存できていたのですが、LINE Business同士でのお友達追加は現実的ではない事から今回の2台スマホ案となってしまいました。

つまり、今回の記事で2台スマホを所持して各LINEのアカウントを用意しなければならないのは「相手がLINE Businessであり、その登録を行うアカウントが個人のLINEで行いたくない人」が対象ですので、あくまでも個人利用のLINEで相手方のLINE Businessと繋がっても支障が無い場合はこの記事をスパッと忘れて下さい。

利用していないスマホでもWiFiがあれば可

ここで、LINE Businessと繋がる為だけにスマホを新調したり、SIMカードを追加するのはもったいないと思われている方は古いスマホでも十分かと思われます。

それは仕事場にWiFi環境が利用可能であって、受信が行える範囲であればそれを持ち歩かずに職場の机の上に放置していいぇも問題の遭い場合は非常に有効です。

それでも持ち歩かなければならない方はメインスマホとテザリングを行うなどの知識があれば、十分に持ち運べる媒体となります。因みに、LINEモバイルなどで月額1,480円ほどでLINEデータフリーと3GBのパケットが利用できるSIMが契約できますので、LINE経由での通話をメインに考えているのであればこの様な格安SIM会社を選ぶのも良いかもしれませんね。

2台目のスマホを購入を考えているなら

ここで最後に、自身が所持しているスマホが一台しか無い場合は格安のSIMフリースマホを購入するかAndroidエミュレータをパソコンで導入する方法の2種類があります。

格安スマホを購入するのであればXiaomiのXiaomi Redmi Note9Sあたりがオススメです。

Androidエミュレータは、以前に書いた記事を内容を参考にして頂ければ簡単に導入ができます。

NoxPlayerダウンロード

NoxPlayerを導入してAndroidエミュレータをスマホでリモート操作を行う方法

エミュレータはどのMacでもWinodwsのどちらでも起動が可能ですが、常にソフト起動しておかなければならないデメリットもありますので、緊急時としてお考え頂ければと思います。