ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

グーグルワンの容量を上げるか、アイクラウドの容量を上げるか【クラウドの課金の悩み】

グーグルワンの容量を上げるか、アイクラウドの容量を上げるか【クラウドの課金の悩み】

先日Googleではクラウドの容量を越えるとGmailの送受信すら行えなくなるとの仕様に変更するとの事で、これは現在無料で契約されている方は15GBのストレージ容量が与えられていますが、これをGoogleフォトなどで容量を満たしてしまうと全てのGoogleストレージのサービスが利用出来なくなる事になります。

つまりは容量を超えてしまったユーザーは課金するしかない事になります。

私は現在毎月230円を支払って100GBを契約しておりますが、10年近くGmailを利用している事から、Gmailのストレージ容量に加えGoogleフォトのサービスも利用している事から100GBの契約は、もはや時間の問題かと思いました。

ここで【追い課金】を行うか別の方法でストレージを回避するか考えてしまいました。

その【別の方法】とはiCloudのストレージの毎月130円の課金を行って50GBを契約しているのですがこの容量を上げるか、のどちらかを検討しております。

これは、MacBook Proを最近購入した事で、iCloudの利便性の良さを再認識してしまっており、iPhoneで撮影した写真は、MacBook Proでも自動で同期される事からブログの編集や業務に非常に役に立っている事から、Googleアカウントの容量を増やすのであればiCloudの容量を増やした方が有意義ではないかと言うことです。

自身の所持しているデバイスでクラウドデータを調整する時代になりつつありますね。一昔前まではネット上にデータを置くのに何故お金を支払わなければならないのか、と思っておりましたが、USBメモリやHDDに保管するよりも遙かに利便性に長けていることから、ついついクラウドを利用してしまっており、10年前にNHKの特番の放送で観た【クライドの依存性】というタイトルを思い出しました。

10年後の私は、完全にクラウド社会にどっぷり浸っているようです。年間3,000円程度で万が一の事態に備えてパソコンのデータが消えてしまっても、クラウドでは必ず復元が行えるメリットが課金を行う最もの理由であることから、今後もGoogleとAppleに課金を続けてゆくことになりそうです。

もしクラウドデータの容量が足りなくなったら?と不安に思った時は、迷わず課金すべき、と私のささやかなアドバイスを思い出して頂ければと思います。