8年ぶりにドコモショップに行ってみたらサービスに変化がありすぎ、スマホでもお得じゃないですか

店員

時代も変わればショップも変わる

世の中の変化というものは目まぐるしいもので、私は以前に社会人時代はdocomoでガラケーを愛用しておりました。それからiPhoneが販売されるタイミングでソフトバンクに機種変更をした訳で、当初ではiPhoneはソフトバンクの独占販売でしたよね。

久し振りにドコモショップに

そんな現代、ドコモショップに出向く事はなかったのですが、とある用事で「ガラケーからiPhoneに機種変更を行う」という用事が出来た事から同席しました。私の記憶にある携帯電話ショップというものは、オプションコースをベタ付けで使いもしないサービスを付けて、利益を底上げをしてるイメージでしたが、ちょっと違うようです。

今回ご対応してくださったスタッフは研修中の方でして、きっとガラケーからスマホに切り替えるお客様の訓練として選出されたのだと思います。そこで親切丁寧にご説明を頂いたのですが、驚くことに・・・分かりにくい細かい項目がほとんどないのです。ざっくり言えば2種類で「ギガホ」というパケットが30GBからのコースか、「ギガライト」というパケットが1GBのコースが軸となるようです。

かなり安くプランを選べるみたい

何よりも驚いたのは、電話としての付加価値をパケットに寄せているのが印象的で、通話し放題のコースはオプション扱いという事、つまり最近ではLINE通話で用事を足しているユーザーが圧倒的に多いという事なのでしょう。あとは3回線以上契約されている家族割でかつdカードでお支払いの場合は月額費用も安いというのは昔と変わりはありませんでしたが、最低ラインで機種料金を除けば3,000円台でスマホを利用する事が出来るということになりました。

補足として、12ヶ月限定ですがガラケーからスマホに移行される方限定で「初めてスマホ割」というものが適用されるとの事ですので、既存のiPhoneやAndroidをお持ちの方(SIMフリーかdocomoの端末である事が前提)は迷いなく利用すると良いと感じました。

この価格ならば格安スマホに変更しなくても良いお値段と考えたり、何よりも非常時に安定したパケット通信が行えると考えれば格安SIMに比べれば多少のコスト増しでも良いのかな?と感じるほど。

キャリアと格安の違いはサービスの質である

あとは見栄の問題で「格安スマホを使っている方は低所得」と考えている方は少なからずいるようですが、これは無知であり勉強不足ですからね。スマホの操作が分からない事でお悩みであったり、携帯電話を破損した時の保守としてキャリアを継続される方にはオススメであり、必要な知識が十分にあって自身でスマホの設定や手続きができれば格安スマホでも良いのかもしれませんが、今回身を持ってショップの親切丁寧な対応に「ショップは必要」だと改めて感じました。

キャリアで契約されている方で「最近オプションの解約に行こうとしていたけどショップに行ってないな」という方は、お時間のある時に行かれる事をオススメします。

店員