SIMロック解除手続き簡略化によりiPhone7の中古が3割値下がり傾向に、購入の際は見極めが超大事です

iPhone7&iPhone8

未だに人気が衰えないiPhone7、最近ではキャリアでSIMロック解除が簡略化された事から値下がりの傾向だと報道されています。

中古iPhone7、ドコモ端末下げ渋り
日経新聞より

これはネットオークションやフリマで中古のSIMフリーモデルが増え、SIM解除の緩和前と比べての2割~3割安くなっている様子。買い時かと思われますがここで注意が必要。近年では一般の方でもiPhone修理が行える時代となっており、写真の状態だけでは判断しかねない状態となっているようです。

液晶交換を行ったiPhoneの見分け方

当店としては一番懸念を抱くのが、一般の方の大抵はAmazonなどで購入しおたコピー液晶ディスプレイを利用して修理を行い出品している様子ですが、私達のような修理屋が採用する液晶ディスプレイと比べるとお世辞にも良いものとは言えないレベルとなっております。

その証拠にAmazonでは星の数で購入者が増加する傾向となっておりますが、評価はお金で操作できる時代となっておりますので、中国系の出品者は必ずと言っても良い程情報操作をして評価を伸ばしております。

そんな星の数だけで判断されている液晶ディスプレイを中古販売されるとどうなるか、結果としてタッチパネルの精度や青みがかかった液晶ディスプレイとなりますので、バリバリとゲームで遊ぶために購入するのであれば出品された写真に着目して下さい。

iPhoneを落としてから画面が真っ暗で映らない原因

初心者でも修理痕が特定しやすいのは液晶ディスプレイ正面の左下を見ることです。この箇所は液晶ディスプレイの開梱の入り口とも言える場所であり、交換を行ったiPhoneでこの箇所に多少の傷がついているはずです。これは一般の方では付属された修理キットを利用している筈ですので、修理痕が付きやすい傾向にあると予測します。

バッテリー交換してあるものはありがたい

iPhoneは平均2年と半年でバッテリーが劣化を強く感じる時期となりますので、中古でバッテリー交換済みのモデルは非常にありがたいとは思います。因みに先程ご説明をしました液晶ディスプレイ交換とは違って、市場で販売されているバッテリーは不具合が多いと販売が鈍化しますので、バッテリー交換済みは比較的安定していると感じます。

逆にバッテリー交換を行うほどiPhoneを使用していたとも言えますが、そこは基盤の懸念劣化具合としては4年目ですので然程影響はないのかなと思っています。ただこれはさすがに無いと思いますが中古バッテリーを使用されていると流石に辛いのですが、こればかりはバッテリー容量の写真をアップしてあるモデルを選ぶしあありませんね。

このように、基本は中古はリスクが大きい事を承知の上で入札または購入される事を推奨しますので、もしハズレを引いた場合は当店にご依頼を頂ければ原状回復を行いたいと思いますのでお気兼ねなくご依頼頂ければ幸いです。

iPhone7&iPhone8