iPhoneで突然リンゴループになってしまう現象が急増中

今週で10件超えのリンゴループの修復案件

不思議な事に、何故かこの時期にご依頼を受ける事が多くなってきました、iPhoneの「リンゴループ」となる不具合。通常では月に5件あれば多いほうですが、最近ではご相談が後を絶たない状況となっております。

リンゴループとは?
iPhoneの起動画面にリンゴのマークが表示される事で、正常に起動出来ない場合にリンゴマークが付いたり消えたりする現象を示します

当然の事ですが、この現象になると通話はおろか、SNSで連絡も取ることが出来ません。因みに、この現象は様々なiPhoneで再現されており、現在ではiPhone5S、7、8、Xの機種でリンゴループのが発生している様子です。

起床したらリンゴループになっていた

ご相談される内容で簡単なヒアリングを行うのですが、比較的多いのが「朝起きたらリンゴループになっていた」という事例が多く、また事前に不具合が起きていた前兆は無いとの事です。

ここで考えられるのは

・Lightningケーブルの劣化
・100均等の安価なLightningケーブルによる不安定な電圧
・iOSアップデート中による失敗

となり、どの要素もリンゴループの原因となる事から、就寝中での充電と想定すればこれらのどれかだと思っております。

また、iOSの更新が失敗する理由としては「ストレージ容量がいっぱいになっている」事で起こる可能性が高く、安価なLightningケーブルを利用しているとリンゴループの被害だけではなく、充電そのものが行えない状況となる事で、当店としても復元が困難な状況となります(修理費用も嵩みます・・・)。

で、復旧できるの?

肝心な事なのですが、そもそもが復旧できるのか?という内容ですが一部の条件を覗いて可能です。その一部の条件は運的要素が強いのですが、ロジックボードの破損まで到達している場合は難しいです・・・と言うよりはほとんど無理です。

当店の方法は至ってシンプルで、専用のLightningケーブルと専用の機器を使って○○○(事情によりお伝えできません)のデータを流し込む事で、リンゴループからの復旧を行っています

どうやって学んだかは海外のフォーラムを読みまくって、その適した環境を構築した状況で諦めない心で挑めば、どなたでも構築が出来ますが、お問い合わせを頂きましてもお教えする事は致しません、予めご了承下さい。

リンゴループになった時のまとめ
・電源を可能であれば切る
・充電は行わない
・当店のような復旧に慣れている修理店に依頼する
リンゴループになっても慌てず、気合では絶対に復旧しませんので専門店にご相談を!!
iPhone8 リンゴマーク
iPhone8 リンゴマーク