ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

iPhone(スマホ)は小さいパソコンだと解釈した方が何かと良いですね

iPhone(スマホ)は小さいパソコンだと解釈した方が何かと良いですね

本日お問い合わせを頂いた内容でスマホで撮影した写真をパソコンに取り込みたいのだけど、上手くパソコンに取り込む事が出来なくなったの事。

スマホでもパソコン同様の操作が容易に出来る時代


このようなお問い合わせを頂くと、私の場合は【何故画像をスマホからパソコンに取り込むのか?】と言う所にフォーカスを当てる事になるので、視点を変えてヒアリングを行うと、ご相談者様から『相手がガラケーなので、パソコンのメールで写真を添付して送りたかった』との回答を頂けました。

この時点で疑問に思う方がいる方はきっと、スマホの知識がある方なのでしょうね。今回の問題はスマホでそのままメールで送るだけの事であっさりと解決します。

因みに、スマホの写真をパソコンに取り込めない理由は、iPhoneの場合はiOS、パソコンの場合がiTunes、そのどちらかが最新版ではない事で画像というよりは本体のストレージをパソコンで開くことが出来なくなってしまったか、もしくはパソコン側の問題です。

こうなれば、それなりの作業代金も発生し、もしかすると同じ問題がまた発生してしまうなど、お客様にとっては満足の行かない結果が再び訪れる可能性がある事から、目的が写真の取り込みによる保存ではない限りは、スマホだけで完結させる方法をお伝えした方がお客様の満足度が異なります。

iPhoneでしか出来ないことも増えてきた

現代の方は、パソコンが必要としない生活を送られているのは、iPhoneなどのスマホが確実に進化を遂げているからでしょう。因みに当初のiPhoneはコピーとペースト機能が備わっていなかった事を知っている方はどれだけおられるでしょうか。

当初はガラケーよりは多少便利であった機能が、いつの間にかパソコンと並ぶ機能までも搭載し、今やパソコンでは出来ないLiDARスキャナーなどの機能までもが続々と搭載されています。

ですので、お仕事で例えればメールを見る、見積書を作成する、ネットで発注する、お伺いまでの住所を確認してナビで移動する、確認のサインを頂く、電子マネー決済を行う、などこれなの作業は全てiPhoneで行えてしまうのです。

【即刻】が常識的になったiPhone修理

万能すぎるスマホの弱点はデータを媒体に移動させたり、印字を行う所が未だに進化しておらず、携帯性を重視しているからこそ、注力していない機能に関してはパソコンの力を借りることになります。

皆様の今お手元にあるiPhoneはそのくらいの事ができることを知るべきであり、何よりも使える端末であるのです。当店もiPhoneの修理に携わって10年目を迎えます。そこで学んだ事は肝心なことは【その場での修理をしなければいけないのがiPhone】という事。

iPhoneを一旦お預かりするという事で格安のプランをご提案を行っても浸透しない理由が「1分も手放せない一心同体のような存在である」事から、学ばせて頂いたのがiPhoneという修理項目でした。

今後はどんな方でも、iPhoneの知識は最低限でも良いので日々蓄えておかないと、かなり大変な事になるのだと身にしみそうですね。