アップル、2018年以降に製造されたiPhone 6sとiPhone 6s Plusの電源が入らない問題の無償修理対応を開始

iphone6s

一部のコンポーネントの故障との事

アップルが2019年10月4日に公開された情報で、iPhone6sとiPhone6sPlusで突然電源が落ちてしまう問題が「コンポーネントの故障」としてこれに該当するiPhone6s系を無償修理を行うとの告知がありました。

iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム

しかしこの「コンポーネント」とはどの箇所なのでしょうか。

以下はiPhone6のICチップの基盤とはなりますが、該当する箇所はICチップもしくは通電を制御するチップなのか、またはNANDチップ制御の不具合なのか、それはアップルではないと分かりかねない内容です。

iphone6基盤、ICチップの場所

いずれにしてもシリアル番号で該当する方は、必ず修理依頼を行う事をオススメします。

iphone6s