ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

半導体市場が安定化するのは2年後、PCの最新モデルが安価に手に入れられるのはまだ先になりそう

半導体市場が安定化するのは2年後、PCの最新モデルが安価に手に入れられるのはまだ先になりそう

ハイスペックPCのパーツを安価にしかも確実に手に入れられそうなのでは、まだまだ先になりそうですねぇ。

原因は半導体工場の火災やコロナの影響でゲーム機器や飛ぶように売れた事が要因らしいですが、そもそもPCパーツで使用される半導体は常に最新部品を取り入れておりますので、自ずと高額となっている事から、高値で撮り式される傾向がありますが、例外としてビットコインの高騰によりグラフィックスボードの高騰などが市場に更なる混乱を招いている要因でもあります。

これにより、アメリカのインテルの最高経営責任者は「正常化までに1〜2年かかる」と述べているそうで、簡単に言えば「えらいこっちゃ」な状態は来年も変わらず、という事になります。

この問題はPCだけではなく車やカーナビやゲーム機でも同様になりますので、全うに新品を狙うのではなくここ数年の狙いは中古市場が活性化するのは予測が出来そうです。

安価で購入が出来て利用頻度の高いデバイス機器に関しては新品を購入し、高額なデバイス機器に関しては中古で補う、例えば車は中古でiPhoneは新品を購入するなど、お財布の懐事情に応じて乗り切れば良いだけなのですが、極論は買わない事がベストですがそうもいかない野が現代人です。

私の場合はPCパーツの購入は可能な限り再来年までは「保留」とし、現状ではハイスペックPCのパーツを求めずコストパフォーマンスの良い安価でも性能が出せるパーツを購入して補ってゆく考えです。

とは言え、最新のMacBookは6年に一度は購入したいと思っている方がこの時期に購入せざるを得ないのであれば、可能な限り直営店での購入をオススメします。因みにこの場合ではアップルストアとなりますが、理由は購入者とメーカーが直接繋がっている事が非常に重要で、アップルが購入履歴を参照ができる環境でMacBookなどの購入を行う事で、故障時などの問題が発生したときにも比較的スムーズに対処して頂きやすい環境になるのです。

なにせ車だって新品で購入する時はトヨタや日産やスバルなどの直営店で購入するのに、何故パソコンだけは直営店ではなく量販店で購入する方が多いと考えた事はありますでしょうか。

ですので、iPhoneもMacBookも基本はアップルストアで購入をオススメしていますし、最近ではNECも富士通も東芝も直営サイトがありますのでそこで購入するというのも手ではあります。

これらは「家電量販店で購入してはいけない」という訳ではありませんが、購入者は家電量販店での恩恵は今の時代はほとんど無いと思っても良いかもしれません。因みに5年保証などがありますが、メーカー直売でも延長保証はありますので、時代は直売で購入する流れとなりつつありますよね。

損をしない方法で購入する習慣を身につける事。それがここ数年で身につけられれば今後半導体不足が安定化した後でもお得にしかも不快のない購入術となりますので参考にして下さいね。