アップルが2020年3月18日に発表したiPad Pro,MacBook Air、購入すべきポイントは?

MacBook-Air

アップルにしては格安?の3機種を発売へ

2020年3月18日にアップルから発表があった3機種、iPad Pro、MacBook Air、そしてストレージ2倍に上げたMac mini、正直驚いたのはどれもお求めやすい価格となっている事。ここで勘違いしないで頂きたいのはアップル製品の「お求めやすい」という基準は他のメーカーの機種と比べると格段に高いので、あまり過剰な期待はしない方が良いです。

今回は私なりの視点で、新MacBook Airと、新iPad Proをどの様な使用方法が向いているのか、またどの様な方が購入すべきかを勝手に一人で考えた結果を伝えしたいと思います。

MacBook Airは普段使わない人向け

今回発表された「MacBook Air」ではかなりコスパのいい仕上がりになっており、最上級モデルのi5モデルで13万円代で購入が可能となっている。これは普段iPhoneしか使わない人向けにはピッタリの構成であり、サイズ13インチで重量も1.29kgと、女性も気軽に導入しやすい人気のモデルです。

Macbook-air2

今回の目玉としてProで採用されていたMagic Keyboard」と「Touch ID」をAirでも採用した事。これはエントリーモデルとも言えるAirではかなり喜ばしい事であり、これだけでも普段から文章を入力する人にとってはありがたい仕様となっている。

Magic KeyboardとTouch ID

「Magic Keyboard」とは1mmの深さのキーストロークとなっているアップルの新設計のキーボードで、10年前のMacユーザーにとっては最初は抵抗こそあったようですがかなり押しやすい構造になってる様子(私は今でも9年前のMacBookProを愛用しているので分かりません)。

次に「Touch ID」はiPhoneをお持ちであれば知っている方が多いと思うのですが、簡単に言えば指紋認証システムです。これを搭載する事により、毎回パスワードの入力を必要としない事でかなり利便性に長けるだけではなく、セキュリティ面でも向上する事は間違いなさそうです。

私生活にキーボード入力を

私なりに考えたものとして、次に紹介するiPad Proと大きく異る点はiPadやiPhoneでは補えきれない文字変換機能がMacで可能という事、つまり具体的にはGoogle日本語入力が使用できる事ばなにより大きいという利点しかないと思ってます。

また生活には動画編集や写真加工をされる方は、ほとんどがiPhoneやiPadでも十分である事からMacとしての位置づけは上記のご説明のようにサードパーティのアプリケーションを使用する事でWindwosのような使い方を可能にする事が、最大の利点と考えます。

「普段使い」という言葉は曖昧なので、これからパソコンのキーボード入手に慣れたい人には丁度いい商品と考えれば良いかもしれません。学校で指定のパソコンがないのであればMacBookはデザインも良いことだけではなくキーボード入力のしやすさは群を抜いて良いと思いますのでオススメです。

iPad Proはスマホ以上でパソコン以下の良い立ち位置

以前までのタブレットの立ち位置としてはスマホよりも大きい画面サイズという意味合いで売りに出されておりましたが、その常識を少しでも覆そうとしているのがiPad Proです。その理由としてアップルペンシルや今回採用されたMagic Keyboardはパソコンよりも早く起動して使えるとう挑戦的な仕様となっており、今後はiPadがパソコンに変わる軸となるモデルになりそうです。

iPad-Pro

お年寄りには嬉しいカメラ機能の強化

ここで気になる点はカメラ機能を大幅に強化した事により、高解像度な動画や写真撮影が可能になったという事ですが、これは普段使いとは程遠いように感じますが、ご年配の方はガラケーとiPadを併用する傾向もあったりと、スマホを普段お持ちではない方には嬉しい強化となっております。

ipad-proカメラ

因みに、海外の商品紹介では非現実的な風景がありますが、アップルでも以下のような本格的に動画撮影に使う人は少ないとは思いますので、現実的に考えれば料理を撮影したり、ペットを撮影したりと、気軽に使うことだけを考えれば大きな画面で写真を加工してLINEで送信する程度ですので、あまり理想を追わずに考えることを強くお勧めします。

ipad-pro-movie

iPad OSの真骨頂はPCと同じ画面でWebが見れる

今回のiPadからトラックポインタでの操作も可能となったことから、よりパソコンに近い操作が可能となっており、iPad OSの魅力を知る人はどんどんPC離れが進んでいる人が増えているようです。その中でも最近一番好印象であったのはスマホやタブレットではなくPC用の画面で確認操作がiPadで可能になった事で、iPadの利用価値が高まったともいえる状況です。

ipad-pro画面

これにより、今まではタブレットである事から業務が行えなかった人でもノートパソコンのようにiPadを利用する事が可能ですので、今後はiPad勢がどんどん拡大するのではないかと思います。もちろんiPhoneでは画面が小さくて操作を断念されたかたも大画面で行えるなどの魅力もありますので、購入して損はありませんが購入して早々に使い込まないとリビングでホコリをかぶる事になりますので、自慢目的だけで購入せずにしっかりと基礎知識を蓄えてからの購入をオススメします。

MacBook-Air