Windows10対応のDVDコピーソフトのレビュー依頼があったのでインストールしてみました

Freemake Video Converterの使い勝手は如何に

タイトルでも書きましたが、これはレビュー依頼です。良いアプリケーションならば導入したい所ですが、微妙であれば即アンインストールするのは私だけでは無いはず。そこで今回は依頼のあった「Freemake Video Converter」というアプリケーションソフトについて導入した感想をお伝えしたいと思います。

まずはダウンロードから

Freemake Video Converter

まず、このリンクを貼って欲しいと言われましたので貼っておきますね。
DVD コピーソフト

まだ説明してませんが、このアプリが欲しいこの上記のリンクから入手してください

とりあえず「次へ」を押さなければなりません。

Freemake Video Converterインストール

いきなりSNSに登録がありますが無視で「変換する必要はありません」を選択。

Freemake Video Converter無視
ここで後で気付く事になるのですが、ここで様々なキー(コード)を入手する事で各種機能が使えるそうです。初回については登録はしなくてもOKです。

海外製のアプリケーションは必ずカスタムインストールを選びましょう、必ず目視でどんなソフトが入るかを”確認”する意味での解釈です。

Freemake Video Converterカスタムインストール

起動しましたが、標準機能としては「Freemake Video Converter」という名の通り、コンバート機能がメインだという事です。

Freemake Video Converter意味分かんない

リッピング機能を含め様様々な機能が備わっている様子。そこで全ての機能を使うのであれば課金っぽいです、フルパックは高額に感じますが他社に比べると安いと思います。

Freemake Video Converterいきなり課金
機能の中では、「YoutubeをMP3に変換」等が最も使用頻度が高そうな魅力的な機能が満載です

私はこう思います

リッピングソフトは今まではWindowsVistaが全盛期で、最近ではストリーミング配信系のサブスクリプション系のサービスが多い中、Windwos10ではほとんどが対応していないソフトが多い中でこの「Freemake Video Converter」はかなり貴重なソフトだと思います。使い方はそれぞれですが、魅力ある機能ばかりですので購入後の利用頻度が高い方はフルパックで購入しても後悔は無いと思いますよ。

今回使用してみて、私は声で記録をする事が多いのですが、それをまとめる作業が少しだけ効率化されました。よって、このようなアプリはパソコンに一つは入れておいても良いのかなと思いますので、まずはお試しにインストールしてみては如何でしょうか。

Freemake Video Converter意味分かんない