ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

M1チップ搭載MacのATOKがネイティブ対応へ【ATOK使いの方はMacが最強に!?】

M1チップ搭載MacのATOKがネイティブ対応へ【ATOK使いの方はMacが最強に!?】

あぁ・・・最高だ・・・・Macで日々入力作業をしている身としては非常にありがたい。

それはATOKはM1チップ(アップルシリコン)搭載のMacに関してはインテル互換のRosetta2を経由しなければなりませんでしたが、ようやく6月1日からジャストシステムの【ATOK Passport(サブスクリプション契約版ATOK)】契約者のみとはなりますが、M1チップ対応のATOKがダウンロード可能となりました。

嬉しい、嬉しい

以前にこおような記事【アップルシリコン製MacではATOKでの動作はロゼッタ2で動作確認済みとの事です】を書きましたが、7ヶ月間を経てようやくM1チップ搭載対応のMacにネイティブ対応となりました。

因みにRosetta2と比べると、レスポンスもやや上がったかな?という感覚で、入力にもたつきも無くなった気がしますが、感覚というものはあてにならないにしても文字入力の反応速度は確実の向上しているでしょう。

いやぁぁぁ!待ってましたよ!ATOK!

これでMacBookでブログを書いている方にとっては無敵の情報入力端末になりましたね。入力作業だけならもうWindowsは不要かと。

因みにATOK Passportは月額300円で10台までのデバイス(PCやタブレット)が登録可能ですので、誤字や脱字を未然に防ぐためにも、日本人が使用し続けなければならない日本語の入力はATOKには敵わないと思います。

「ATOKなんてさ、年寄りが使ってそうな機能なんて使えるの?」と思っている方は残念ながら古いです。日々進化を遂げている日本語変換機能は、特有の言い回しもATOKではどんどん使いやすくなっていますので、入力作業をされる方すべてに使用して欲しい素晴らしい出来となっておりますので、是非一度、騙されたと思って使って頂ければ嬉しいです。

ATOKPassportの契約や、ダウンロードなどに関しては「ジャストシステム製品の macOS 11 対応状況」をご覧下さい。