オンラインゲームでは金策の流れが変わり、現実社会に似た状況になっているようです

行き着く先はゲームも同じという事

周りに惑わされてはいけない、そう常に思いながら私はゲームをしています。そのゲームと言うのはオンラインRPGのことで、私はこの10年間ほどで10,000時間はこのオンラインゲームを楽しんでおります。

その中で最近とても多く目立つのは金策、そのゲームの中でお金を貯めると言う仕組みを学ぶと言うことがかなり若い方でも優秀な方がとても多くなってきました。一昔前まではオンラインゲームの中では”レアドロップ”と言う、例えばモンスターを倒して得た武器や防具などをユーザー同士で販売することが主流でしたが、ここ最近の金策は現実社会にとても似ているのです。

新作の商品を転売するのと似ている現象も

具体的にはどのような方法で金策をしてるかと言えば、オンラインゲームは終わりがなく”パッチアップデート”という数ヶ月に一度行われるものと、”拡張パッケージ”という2年に一度行われるのですが、このアップデート直後に新商品が登場する事で、このアイテムを生成して高額で販売するという流れとなります。更には、仕入れたアイテムを”転売”を行う人まで増えている始末。

私としての考えはオンラインゲームの中では金策と言うものを考えるとき、”細く長く”と言うものを常に考えて行っております。例えば高山から金塊を掘るという採掘がある場合、時間のないサラリーマンは余裕がないことから金塊をそのまま転売するケースが多々あります。

この方法は間違ってはいないのですが粗利となる利益は低く、効率が悪く感じられます。ですが私としては売れる商品を転売でも売れるのであれば多少の粗利でもその方の労働力を考えれば適切ではないかと考えますのでこれを細く長く続ける事が現実でもゲームでも大事だと思っています。その証拠に私は毎日コツコツ時間があるときに10分でも、時間があるときに金策をしてるおかげで気がつけば億単位で通貨を貯めることができるようになりました。

ゲーム内で貯めた資金はどう使うのか

そこで更に深くお話をすると、手に入れた通貨に関しては、どのように使うかと考えますが皆さんはどう思いますか?強い装備を手に入れて強化を図るというのが一般的ですが、ちょっと違います。通貨は市場を動かす資金として運営を考える事がオンラインゲームの最大の醍醐味だと私は思うのです。

これを現実で例えると最近コロナウィルスの影響でマスクが売り切れており爆買いをする購入者に対して転売を設けていた人がいます。実際にはこのマスクをたくさん購入する人はもちろんのことながらたくさんお金を持っていないとこのマスクを購入することができない。この理論を私はゲームで採用しているのです、気持ち悪いでしょ?

資金があれば買い占めることができる。そしてそのアイテムを販売するのか自分で使うのかは個人の自由自由ですが、肝心な事はその資金を使って楽しいのか、それとも単に優越感にしたりたいだけなのか、これを飽きない程度に繰り返し行うのが楽しい遊び方だと思っております。

道を踏み外したプレイヤーもちらほら

また最近では、金策の要となる武器や防具の製作代行を行っている集団がおられる様子。こればかりは流石に私も不思議に思うのです。理由は「そもそもゲームは自分のためにゲームをする」のであって、人に感謝されたい、崇めてもらいたいという行為はどうしても理解できないからです。ゲームは基本、自分が楽しく遊ぶものであって、人に利用されることに快楽を得てはいけないと思ってます。

あまりゲームをされない方にとっては全く興味のない内容かもしれませんが、これがオンラインゲームの現状もあります。もしこれを読んでゲームをやりたいと思う方は誰もいないと思いますが、くれぐれも勘違いしないでいただきたいのは、協力プレイ程度であればオンラインゲームは非常に楽しいゲームです。

節度を持てばゲームは素晴らしいものであって、依存するような遊び方はオススメできないというお話で今回は締めさせて頂きます。

ゲーム