ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

iPhoneでもGoogleドキュメントを使えば精度の高い音声入力で文字がすらすらと書けるようになりました

これは使えるiPhoneの音声入力による文字書き

今日のブログはちょっと変わった試みを行っております。

この文章はiPhoneの音声入力を使った文章入力をしております。その方法とは、iPhoneのアプリの中にあるGoogleドキュメントのアプリを使って音声入力をしております。日頃からGoogleで音声を使った検索をされていると思うのですが、これを応用して”Googleドキュメント“を使えば音声入力を行いながら文章をリアルタイムに音声で書くことができます。

これを使うことで会議の議事録や打ち合わせなど、必要な事を言葉だけで記録することが可能という事が立証されました。私は以前、パソコンサポート部隊で家電量販店で業務を行っており、その時に身体に障害を持つ方が「パソコンのソフトで音声入力のソフトは存在するのか?」とお問い合わせをいただき、それが「ドラゴンスピーチ」というソフトをお客様にご提供した記憶があります。

当初の「ドラゴンスピーチ」というソフトは、高い認識精度があったと記憶があるのですが、一定のトレーニングを積まなければ音声入力が少し誤った解釈となってしまうことから、教材用のDVDも販売されている程度のものでした。こう考えますと、Googleの音声入力は無料であり、スマホでのマイクを使う事から入力もとても簡易であると感じており、今後のブログの下書きを覚書や備忘録については、音声入力で残した方が素早く残すことができるのではないかと考えます。

しかしこう考えてみると、パソコンの存在意義がどんどん薄くなってきたのではないかと考えてしまいます。その理由として最大の利点であるキーボードと言う入力デバイスが何よりも使いやすいと言う認識であった事に加えて、スマートフォンのフリック入力は使いにくい意識があった事から、今回の音声入力の試みとしてはかなり有益な結論となりました。

もちろん、音声入力に関しては細かい記号等の認識には不向きですが、通常の入力よりも5倍ほど文章入力が行える事から妥協点があるのは当然の事です。

因みに応用としては、電話対応を行いながらパソコンでGoogleドキュメントを開き、音声入力を行いながら会話を行うことで、議事録のように文章を残すことも可能です。実際使ってみましたが、お客様の電話番号やご住所などを後々にメモ帳で残すことがなくなり、引き継ぎについてもスムーズに行うことができました。

ご興味があれば是非お試し下さいませ。