高騰していたiPhoneパーツの流通が安定化、XRのLCDパネルも安価になってきました

サプライヤーもXRパネルを推してきた?

これって書いて良いのかな?と思っておりますが、順次ご案内しているパーツの流通変動ですが、10社程のサプライヤーから日々価格の改訂情報を頂いております。

パーツを欠品しているサプライヤーがあったり、補充を行っているサプライヤーの差は、一次業者かどうかの判断がつきやすく、現状んiPhone修理パーツを扱っている業者は安いだけでは生き残れないのが現状となっているようです。

その中でも、iPhoneXRの液晶(LCD)パネルについては仕入れ値が1万円を切る価格が定番となっておりますが、ご提供についてはそろそろ当店でもご提供の準備を進めております。

因みに当店がX以降の修理を控えている理由はご存知かもしれませんが、高額パーツの取り扱いは非常にリスクを伴うからです。以前ではiPhone6Sの液晶パネルは一枚で1.2万円程していた頃に50枚程入荷したのですが、殆どが粗悪品であったりと、かなり小さな店舗としては致命的な状況であったという事実もあり仕入れ控えを行い始めたのはこの頃からだと思います。

きっと当店をご利用頂くお客様は安価で高品質を希望されていると思いますので、その想いを損なう事の無いように常にギリギリの価格で攻めている状況ですので、この辺りは常に慎重に仕入れを検品を行い、ご提供を行いますのでご安心下さいね。

こう考えると、お客様もお店選びをする基準はこれからはどんどんとシビアになってくると思いますが、ひとつだけアドバイスさせてならば「修理価格が高いと感じたお店は、単なる高額設定をおこなっているだけ」という事だけを知って頂ければ、良いかと(どれだけ品質が高くても仕入れ値に然程価格に開きはありませんので)。

当店としてまずはバッテリーの品質の安定化から、新機種の対応を順次行いますので、価格や対応機種を逐一チェックをされている方は今暫くお待ち下さいね。

iPhone XR