ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

パソコン制作がゲームの中で覚えられる「PC Building Simulator」は最近機器もアップデートで対応

PC修理屋ゲームがここまで進化

PC Building Simulatorは更に進化へ

初プレイをしてから2年。放置していたゲームが更なる進化を遂げたようです。当初の記事は2018年に書いたものでしたが、ざっくりと概要だけお伝えしておりました。

PC Building Simulator

PCの修理屋の気分が味わえるゲーム「PC Building Simulator」がとてもリアル

このゲームは安価ながらも日々アップデートを繰り返していた様子で、ハードウェア周辺機器メーカーの許可もあってか、どんどん商品が増えているようですね。

新PC Building Simulatorタイトル

例えば以前では殺風景だった主人のデスクトップ周りもゲーミング環境のキーボードとマウスも使用可能になりました。しかもパソコン画面の壁紙は自身が好きな画像を選べるようになりました、これは凄い燃えますね。

新PC Building Simulatorデスクトップまわり

部屋の中は大きくは変わらないものの、今後は壁に貼るポスターなどが変更できそうな予感がしますね(あくまでも個人的な要望ですけど)。

新PC Building Simulator部屋の中

修理中の画面は変わらず。ただし周辺機器が増えたことでパソコンに詳しい方でも種類が多くて戸惑う箇所が多いかもしれませんね。私も修理には慣れおりますが、実際の修理同様にどのパーツを使えばお客様が満足されるか、という考え方はリアルと同じなので、これがこのゲームの関心させられる要素の一つです。

新PC Building Simulatorパソコン修理

修理依頼はメールで行われるのですが、修理依頼ではなく内容が依頼主の趣味が入り交じったものがあるのが面白い。これは思わずじっくりメールの内容を読んでしまうものが多数ありましたが、気になる方は是非お買い求めになって体験してみて下さい。

新PC Building Simulatorパソコンの画面その1

元々あった機能だったかもしれませんが、作業中のBGMは好きに選曲が可能で、実際のパソコンに入っている音楽ファイルを再生して作業が行える所も遊び心があって面白いです。私はB’zを好んで聴きますのでこのゲームを遊んでいる時はずっとリピート再生をしています。

新PC Building Simulatorパソコンの曲選び

タイトル画像にもなりました画面ですが、実際に私が愛用しているRazer製品をゲーム内で扱う事も可能です。これは嬉しい機能ですね、購入前にパソコン周辺機器の設置具合も確認が出来るゲームというのも珍しい。

PC Building Simulatorは同じ周辺機器が選べる

最後に、600円の追加課金とはなりますが、周辺機器メーカーの「Razer部屋」が構築ができるそうで、これは課金してでも欲しい環境の方はおられるでしょうね。

Razer部屋を作る事も可能

初めてパソコンを自作される方も事前にこのゲームをしっかりと遊んでいるだけで十分に予習ができる内容になりますので、実際にベンチマークソフトも稼働したりと十分に吟味してからパーツを揃えるのも面白いかもしれませんね。ただしそれなりにやりこまないと良いパーツが登場しないので頑張ってプレイして下さいね。

PC Building Simulator
PC Building Simulator
Developer: Claudiu Kiss, The Irregular Corporation
Price: 2050 JPY