プルームテックプラスとエスの予約が殺到、購入どころかログインすらできませんでした

やはり予約が殺到したプルームテックプラスとエス

1月29日の12時に予約開始となった新プルームテックのプルームテックプラスとプルームテック・エスですが、オンライン予約ではアクセスが殺到し予約すらできない状況に。

プルームテックプラスとエス

このような画像を含めた予約を促すメールが当日に届きました

これはプルームテック会員であればお知らせメールで届くのですが、そのメールのリンクを開いた段階で以下の画面となります。この段階で初回の販売分は入手はほぼ不可能という事になります。

プルームテック予約

2019年1月29日15時、オンラインショップは混雑して入れない状況。

また転売屋が張り切っているのか?

プルームテックが何故こんなに人気なのか?というよりは何故こんなにアクセスが殺到するかなのですが、理由は生産量の少なさにあります。

JTでは余分に在庫を確保したくはないのか、初代のプルームテックでは予約の段階で順番待ちの状況であり、結果として手に入れる方法メルカリやヤフオクなどで転売した商品を購入するか、互換品をAmazon等で購入するしか方法がありませんでした。

ですがプルームテックの互換品、意外にも侮れず意外に使いやすいのです。理由として大容量のバッテリーを搭載しているのに2本で2,000円を切る商品も多く、安価である事から私も6本ほど所持しております(純正品は遠い昔に壊れて捨てました)。

では、根本的に何故こんなに多数のプルームテックを所持しなくてはならないかと言えばそれは「チェーンスモークに対応させるため」にあります。

つまり初代プルームテックのカプセルを連続して嗜むには、複数本のプルームテックバッテリーとタコ足のUSBコネクタを常備させる必要があり、これらを解決させるために生まれたのが「プルームテックプラス」です。

ただ残念な事に、対応しているカプセルが従来のプルームテックとは異なる事で、買い貯めしたユーザーはカプセルは使い回しは出来ないので注意が必要です。

プルームテックプラスフレーバー

加熱式のプルームテック・エスは売れそう

アイコス(iQOS)の対抗馬として登場したのが「プルームテック・エス」ですが、これが一番タバコの味に近いと言われております。今回のプラスとエスで比較をしても圧倒的に愛煙家はエスを選ぶでしょう。ですが、私は従来のプルームテックの味が紙タバコよりも美味しいと思ってしまった一人ですので、この辺りに関しては好みが分かれると思います。

最近では喫煙所も少なくなった事からニコチンが付かない事を目的に販売されているモデルが多い中、増税対策に「吸った気がする」加熱式タバコを量産させる事で消費者がタバコの在り方を増やし、選択肢の幅をもたせる事で”タバコ離れ”を食い止めようとしているのかもしれません。

私も愛煙家ですが、”紙タバコ”は無くなっても別に困りません。人に迷惑にかからない程度にどこでも吸えるフレーバーを摂取できればそれで良いと思っています。きっと今年の夏はコンビニで多数見かけると思われるプルームテックプラスとエスの商品、愛煙家の方は興味があれば手にとって見て下さい。

健康を損なう恐れがあるので購入は自己責任でね!!
プルームテック予約