iPhoneのバッテリーが膨らんだ場合のやってはいけない事と応急措置をお伝えしておきます

iPhoneバッテリーの膨張

かなり多いバッテリーの膨らみ

ここ最近では他店でも自店舗でもお問い合わせが増えていると予想されるiPhoneのバッテリーの膨張。これはバッテリー交換を行うと比較的発生しやすく、実はバッテリー品質だけが原因ではなくiPhoneの基盤(ロジックボード)の劣化によって充電の際に放電処理が正常に行われずにバッテリー液が膨張するというもの。

とは言え、こればかりは原因が一つではありませんで「バッテリーの膨張はこれだ!」という特定が出来ません。何もしなくてもバッテリーが膨らむ方がおられれば、過剰充電の原因となるゲームや動画やLINE通話を行いながらの充電過多が原因だったりします。今回はバッテリーの膨張したらどうなるの?という内容から応急処置までと、膨張した場合に行ってはいけないことをお伝えしたいと思います。

バッテリーが膨らんだら

もしバッテリーが膨らんでしまったら、基本は何もしないことです。よく勘違いされる事でバッテリーが膨らむと爆発してしまうとご不安に感じてしまうと思いますが、これは爆発しないように膨らんでいるのです。ですのでバッテリーの負荷をかけるような事をしなければ大丈夫です。

また膨らんでいるのが外部被覆だけですので、実はバッテリーはカッチカチに硬いです。つまりその被覆とバッテリー内部の間に金属を差し込んだり静電気の刺激を与えなければ発火はしません。逆に刺激を与えると発火の原因に繋がるので、やっては行けない事は膨らんだバッテリーの箇所を突かない事です。

出来るだけ早い交換を

バッテリーが膨らんでしまった場合、機種変更を行うかバッテリーの交換を行うかを悩んでしまうと思います。そこで当店からのアドバイスとしては「データの移行が出来る状態であれば機種変更もアリ」とお伝えしておきます。

つまり機種変更までのつなぎをどうすべきなのかを考えると自ずと答えは出ると思いますので、バッテリー交換はあくまでのそのつなぎだとお考え頂ければと思いますので、たとえ1ヶ月後に機種変更を行うにしてもライフラインとしてiPhoneは必要な存在である、と考えてみては如何でしょうか。

iPhoneは常にライフラインとして考えてくださいね
iPhoneバッテリーの膨張