iPhoneの液晶修理後のガラスは圧迫に弱く、場合によってはタッチが行えなくなる可能性も

iPhone液晶割れ 苫小牧

挟んで固定する器具に要注意かも

先日iPhone8の液晶交換を行ったお客様からご連絡を頂きまして「画面の上部がタッチできない」との事。これは決して画面が割れたわけでもなく外的な損傷もありませんでした。

因みに液晶交換を行ったパネルがガラスが若干薄く作られているとの情報が行き交っておりますが、この情報は半分が嘘で半分が本当です。まず「」の説明をすると、交換用の液晶パネルは薄さも純正品と変わりありません。そして「本当」の説明をすると、数年前の液晶パネルの事を示しています。よって今回の問題は双方どちらでも当てはまる内容でもありますので、該当はしません。

話は横道にそれますけど

iPhone修理屋さんは年々増加している事から、スタッフの知識も相当なものになっている筈ですので、昔のような「うちは上質なパネルを使ってますからありえません」なんて言うヤバい回答は現在は無くなったんじゃないかと信じています。ですが「非を認めない」のと「仕様」では意味が違うものの、切り分けは非常に難しいと思っています。

当店は他店に比べると非常にお安く修理をしておりますが、それは安いパネルを使っているからではありません、粗利を削っているから安いのです。もし他店のスタッフさんが「ピシコは安くて質の悪いパネルを使ってます」という情報があったとしたらそれは嘘ですからね、申し訳ないのですが他店よりも遥かに良いパーツを使ってます(調査比較済みです)。

本題に戻ります

で、今回の問題はお客様からの推測で、「車に挟んで固定するものが原因ですかね?」との内容が合致している事から、それが問題ではないのかと考えます。なにせタッチパネルは横の圧力に弱いのです、しかも修理用のパネルをはめ込んだiPhoneであれば尚更かと思うのです。

また、一度画面が割れたiPhoneはフレームも歪みますからね。交換したガラスのフレームとの間に隙間ができる事もあります。それが割れやすくなったり、内部のデジタイザー箇所にヒビがはいる事もあります。

つまり修理したiPhoneは今まで以上に大事に使って欲しいでという願いです。意外にも知られていない事ですが、新米の修理スタッフの人にも改めて知って頂きたい基礎のお話でした。

挨拶