iPhoneの中古は、説明に書かれていない違和感を見極める事

iPhoneの中古販売は必ずホーム画面が確認出来てから購入しましょう

iPhoneのフリマ・オークションでの落とし穴

先日ご来店されたお客様で、不可解の状態のiPhoneを診断しました。そのiPhoneは店舗ではなく個人からオークションで購入したものらしく、見た目の状態も良かったのですが「初回起動時のアクティベート処理に失敗する事で利用できない」との事。

今回は診断を行ってみて原因が判明した事を踏まえまして、これから中古のiPhoneを購入する際の参考になればと思いまして記事にしたいと思います。

交換済みの液晶画面だった

まず中古のiPhoneの不具合を見分けるには状態を把握する必要があるのですが、本体がほんのり熱くなっている事に違和感を感じましたので液晶画面の側面を確認してみると、少しながらパッキンがはみ出しているのを確認致しました。

この場合は高確率で液晶画面を交換している事になりますので、これが原因とは思えませんが開梱の確認を行いました。

すると、内部では基盤が水蒸気の漏れなのか、薄っすらと湿っている様子を確認したのです。これは本体基盤に何らかの劣化が見られる調光であり、本体基盤(ロジックボード)としては安全に利用できる状態ではないという事になります。

因みに、液晶交換を行うことは今回の「アクティベート処理が出来ない問題」とは無関係であり、要因を特定するために開梱を行ったまで、ですのでこの液晶交換がされていた事実だけ認知をした状態で、別の問題を検証したいと思いました。

ポイント
液晶交換修理を行っているiPhoneは互換品が最も多いことから、ケーブル付近に高付加がかかり熱を帯びる事があります。通常利用には問題がありませんが、バッテリーの消費を早める恐れもあります。

SIMカードが「検索中」のまま

次に気になったのが、初期設定画面で電波が圏内もならず県外にもならず、常に「検索中」の状態が続いている事に違和感を感じました。指定のキャリアの契約中のSIMを差し込んでも電波が表示されないのは明らかにおかしいと思い、何枚かをSIMスロットに差し替えて確認を行ってみましたが、結果は同じ。

また。SIMスロットの差込口が綺麗に装着できない事から、SIMが認識されないはSIMスロットの内部に何らかの形状変化があると思いました。ですが、最近のiPhoneでは内部を覗いてもSIMスロットの内部を確認する事が出来ないことで、敢え無く断念。

ですが、今回の「アクティベート処理」が出来ない問題としては、SIMが正常に認識されていない事が原因かと考え、PCでiTunesでアクティベート処理を試みるも、本体のSIMカードを装着する事を条件としている様子で、如何なる理由があっても次に進む方法を見失う結果となりました。

ポイント
オークションなどは画面や背面の美観ばかりを重視しがちですが、細かい部品の故障は判断がつきにくい事から見切り品扱いとして中古として出品される事があります。今回SIMスロットに関しても本来では考えられない不良である事から、出品者は説明無く出品する為、注意が必要です。

中古のiPhoneを購入する際に気をつける事

今回で学んだ事として、中古のiPhoneでは以下の条件を満たしていないと、どれだけ美観の良いiPhoneを購入してもトラブルの原因となりますので参考にして下さい。

個人販売の相手に確認するべき事
・アクティベーションロックの解除の有無
・液晶画面及びバッテリー交換状況の有無
・電波圏内の状態のスクリーンショットを希望
・初期化ではなく初期設定後での受け渡しを希望
・IMEIはかならず自身で確認を行う(IMEIチェッカー)

iPhoneは安くはありません、また中古ではほとんど使用していないiPhoneなどはほとんど存在しません。そのため、お手頃な値段である事には必ず理由があります。見極めるには知識や技術は必要はなく、不安に思うことは「慎重に」質問すべきだと思います。

ただし相手は必ずしも出品のプロとは限りません。その為、単なる「○○○でしょうか」ではなく、「購入を考えているのですが、この○○○を確認したい」と確認を行うべきです。お互い気持ちの良い取引を行う為には、問題点の有無をしっかりと納得がゆくまで確認を行って下さい。

【国内版SIMフリー/Unlocked】 iPhone 6s 32GB シルバー
国内版SIMフリー
売り上げランキング: 5,184
iPhonex