苫小牧でも最大で震度5弱の地震

この記事は約158秒で読めます。
苫小牧でも最大で震度5弱の地震

苫小牧市の東部では最大で震度5弱でした

苫小牧市内または近郊の皆様、お怪我などはありませんか?
2019年2月21日21時22分に北海道厚真町が震源の最大震度6弱の揺れが発生しました。苫小牧では西エリアでは震度4との事ですが、東部では震度5弱を記録したそうです。

今回の地震は、昨年と比べれば横揺れ程度で収まっており、自宅の本棚の本が崩れ落ちる程度で済んだものの、窓の外では厚真町へ向かうパトカーのサイレンが鳴り響いておりました。

スタンドやコンビニでは早くも並ぶ

地震後の22時を過ぎた頃には早くも近所のコンビニやガソリンスタンドでは軽い渋滞となっている様子でした。これは昨年の震災から学んだ事は多い影響なのか行動が早く、沢山のドライバーが見受けられました。

停電に備えてカップラーメンなどの食料や、水やカセットボンベ等の確保を行う行動に関しては十分に理解しますが、くれぐれも地震直後は自宅などで安全な場所で待機をお願いします。

スマホでサイトの情報はスクショで送りましょう

地震直後は携帯電話で充電を行うだけではなく、可能な限りパケットの消費を控えましょう。パケット対策としてはLINEでのやり取りのみに注力し、避難場所や食材や燃料が確保できる情報に関してはWebページのリンクを貼るのではなくスマホ画面をスクリーンショット機能で撮影して相手に送ってあげて下さい

これは格安スマホなどでパケット容量の契約している学生さん達が考えた手法らしく、スクリーンショットで保存した画像ファイルでは写真と異なり、圧縮された画像形式で保存される事でパケット容量の節約が行えるそうです。Webページでは閲覧するだけで大量にパケットを消費するサイトも多々存在しますので、この方法を有効活用して頂ければと思います。

苫小牧でも最大で震度5弱の地震