6万円程度で組んだパソコンが快適すぎる件

最初からこの環境にしておけば良かった

ハイスペックのパソコンが一台あれば困らない、そう思っていました。ですがどうしてもサブ用のパソコンはノートパソコンでは非力で、デスクトップと比べると比較的高額になる事から、先日ご紹介した記事のセカンド用のデスクトップパソコンを構築した訳ですが、これが予想以上に使えると実感した訳でして今回記事にしようという私利私欲の内容となります。

セカンドパソコン

まず、本来の趣旨としては自宅でブログなどの作業を行いながらもゲームを自動で作業出来るようにしたいという目的でしたので、完全に分離をした環境ではないといけないという条件があった事からセカンドパソコンを構築したのですが、ある程度は連動させないとデスク周りが周辺機器で埋め尽くされてしまいますのでスリム化として切替器を用意しております(その辺りの同時利用の環境のお話は明日書きます)。

今回便利だな、と実感したのはCPU処理のかかるWebブラウザとAndroidエミュレータをセカンドパソコンで動作させる、という利点が私の中では想定していた以上に活用が出来るという事。つまりノートパソコン以上のスペックが手に入った事で、ゲームと動画と予備の調べ物用としてセカンドパソコンは大いに活躍できている事から、今後はゲームを行わなくても常用として必ず使用する事になると思いました。

つまり今まではノートパソコンでは音楽か動画のみでしたが、ハイパフォーマンスのあるパソコンでは仮想スマホを同時に4台も動作できる環境になった事から趣味以上にお仕事でも活用ができるという事になります(と、いう事はこれは経費扱いにしても良いですよね?)。

時代はスマホ社会になり、パソコンの利便性が薄れてきている現代ですが、ここまでマルチタスクに動作できる機器を6万円台で制作が出来るのであれば、私にとってはスマホ5台分以上の価値が安価で手に入った感覚となりました。もし10代や20代の方で「パソコンの価値とはなんなのか?」をスマホで調べている方がいるのであれば、迷わずパソコンを購入される事をオススメします。

それはスマホやノートパソコンでは叶えられない事がデスクトップパソコンでは存在します。パソコンは迷わず買うべき、用途を考えるよりも快適なデスクトップパソコンが一台あるだけで生活がガラリと変わりますよ。具体的な使い方についてはまた明日、詳細に書きたいと思います。

セカンドパソコン