iPhoneを機種変更を考えている時は、現在の使用容量を確認して適切なモデルを選びましょう

iPhone11 外観
iPhone11の発表から一夜が明け、13日に向けて何を予約をしようかと悩みながらも準備をされる方も多いのではないでしょうか。そんな時期だからこそ考えて頂きたいのは機種変更時に「そのiPhoneの容量は本当に使い切れるの?」という事なのです。

因みに今回のiPhone11では「64GB/128GB/256GB」の三種類が販売され、大抵の方は256GBを選択する筈です。写真を撮影する方はもちろん、ゲームを沢山インストールされている方にとっては余裕のある容量であれば安心なのかもしれません。ですが、もう一度お聞きしますが「そのiPhoneの容量は本当に使い切れるの?」という事なので、現在ご利用中のiPhoneの容量を改めて確認してみてください。

iPhoneの容量の確認方法

iOSによっては手順は異なるかもしれませんが、この記事を書いている現在では「iOS12.4.1」が最新なので、この手順の流れで「iPhoneの使用容量」を確認する方法は「設定」アイコンを開き「一般」を選択。

iPhone-一般

そこで次に「iPhoneストレージ」を選択します。

iPhone-ストレージ

これで現在利用している容量を簡単に確認できます。

iPhone-ストレージ残量

因みに下にスクロールすると使用容量が多いアプリが順番に並んでいるので、改めて利用していないアプリを削除したり、アプリ内部のデータ(写真など)を削除して容量のスリム化を図ると良いかもしれません。

ここからが肝心な所なのですが、改めて最適化した容量を確認してみてください。機種変更時はこの使用容量の倍があれば大抵は更に2年は容量に悩まされずに済むはずと考えますので、私の場合は使用容量は60GBを切っておりますので購入するiPhoneは128GBで十分と判断しました。

このように、使用具合の身の丈を知ることで容量を抑えて1万円安くiPhoneを購入する事が可能となります。また、考え方によってはiPhone11からproに切り替えても良いかもしれませんよね。皆様も改めて容量を確認して機種変更に備えて準備をしてみては如何でしょうか。

写真 : Apple Special Event — September 10, 2019 / Apple

iPhone11 外観