iPhone SEを手に入れる最後のチャンス?10,800円でSBアウトレットで販売中

スマホ

iPhone SEがどうしても購入されたい方に朗報

本当にこれが最後のチャンスかもしれません。ソフトバンクのオンラインストアの「スペシャルフェア」にて台数限定でiPhoneSEが10,800円で購入可能との事です。

これはソフトバンクからの購入ですので、当然ながら回線の契約が必要です。今回は契約を行うことを想定して新規で購入した際の料金プランを確認してみました。

最低限の料金プランを選択してみる

まずはデータ通信は最小限の構成としては「ミニモンスター」を選択。このプランは従量制で一ヶ月のパケット使用量を使った分だけ請求となるので「(~1GB)2,480円、(~2GB)4,480円、(~5GB)5,980円、(~50GB)6,980円」となり、「通話基本プランの1,200円」と「ウェブ使用料の300円」を加えた価格がセットで3,980円となるようです。

ミニモンスター

次に通話プランは使った分だけを支払う形式にして、LINEでの通話をメインに行う事にします。

通話プラン

最後の割引を適用されて、月額3,220円となりました。これが最低ラインですので、これが高いと感じたら契約を行うのは辞めましょう。

料金プランSE
格安スマホと違って通信速度が速いのがウリですけどね

iPhone8で料金プランを比較

気になるのが、今年最も多く販売されていると言われているiPhone8と料金プランを比較してみたいと思います。結果としては月額1,800円の違いだけでした。

料金プラン8

もちろん今回の目的はiPhoneSEを手に入れるための料金プランの試算ですが、一番大きな問題としては2年縛りを設けている事で2年後にはiPhoneSEの最新版iOSが対象外になってしまう可能性があるという事です。

手のひらサイズという魅力もあるので電話としての機能はもちろん、現状ではどんなアプリでもインストールする事が出来ますが、入れ替え時期はしっかりと見定めないとiPhoneで利用できる機能が一部行えなくなる可能性があると言うことです。

現状のスマホを手放してまで小ささにこだわるのもよし、現状の大きめのiPhoneで最新のカメラ機能や処理速度にこだわるかは、じっくり考えてから契約される事を強くオススメします。

スマホ