PS4のコントローラーを大量に頂いたので直してみました

ハンダ必須ですがアナログスティックは直せますね

とあるお客様が「大量に壊れたPS4のコントローラーがある」との事で6本のコントローラーを頂きました。正式にはiPhoneの修理代金を相殺したので譲渡みたいなものです。

一つ一つ検査を行いましたが、殆どがアナログスティックの器具の劣化と各ボタンゴムの劣化でした。世間では接点復活剤を使うことで操作が復活すると言われておりますが、FPS系のゲームを嗜んでいる方のゲームパッドは接点を修復しただけでは無理です。

つまり物理的に新品部品への交換が必要なのですが、スティックコントローラは純正品と同じ部品を使わないとあっという間に壊れてしまいますので必ず「アルプス電気」のスティックコントローラを購入します。

はんだごてとハンダ吸い取り機は必須ですが、根気があればどなたでも交換可能です。交換のコツとしては「追いハンダ」でハンダ付けされている箇所にハンダを盛り付け、そして溶かしハンダ吸い取り機でポンポンとハンダを吸い取り、ピンをペンチで垂直に引くと簡単に取れます(取れない場合はハンダが残っている事になりますので、また追いハンダからの吸い取りの繰り返し)。

PS4 コントローラー修理

交換後はPCで動作確認を行ってみましたが良好でした。新品に交換しているので当然と言えば当然ですが、細い配線が断線していないか心配でしたので細心の注意を払いながら開梱からの修理を行うと良いでしょう。

PS4 コントローラー修理完成

因みに、修理の代行は承わっておりません。これらのコントローラーは販売を行うものではなく、私が使用したいので直しただけですので、お問い合わせ頂きましても修理方法やご依頼は一切受け付けておりませんのでご了承くださいませ。

PS4 コントローラー修理